【男性に悲報】「もっとラブラブになりたい」夫と妻の格差は…

ケンカするカップル
©iStock.com/Tomwang112

福山雅治(46)と吹石一恵(33)、DAIGO(37)と北川景子(29)など、ビッグカップルの結婚が相次ぐ昨今の芸能界。

愛と希望に満ちた発表会見や入籍コメントは、見ているだけで幸せのおすそ分け気分にもなるが、情熱はいつの日か冷めていく。

しかし、マンネリを乗り越えていくのが夫婦たるもの。世の家庭では、結婚相手との関係をどのように考えているのだろうか? しらべぇ編集部では全国20〜60代の既婚者785名を対象に調査を実施した。


 

■40代から冷めはじめる妻たち

これ以上ないほど仲良くしている夫婦もあるかもしれないが、「夫・妻ともっとラブラブになりたいか」という質問に対して全体では39.4%が「なりたい」と回答。しかし、男女・世代別に見てみると…

ラブラブ1

20代までは男女とも差がなく、半数に迫る夫婦がラブラブ志向であることがわかる。

しかし、30代までは5割に迫る「もっと夫と仲良くなりたい妻」の割合は、40代以降、急激に減少。5、60代ではおよそ4人に1人にまで落ち込んでいる。

夫の場合は、どの世代でも4〜5割が「妻ともっとラブラブになりたい」と考えており、妻たちとは対照的だ。40代を過ぎた夫婦における男女差は、15〜20ポイント。男性が、結婚というものの意味さえ問い直したくなってもおかしくない。


関連記事:アラサー女子と付き合ったら結婚するのが義務?8割を超えた回答は…

 

■AB型はラブラブ派が多い

ラブラブ2

血液型別では、B型がやや「ラブラブ志向」が低いのに対して、AB型では8ポイントほど高く唯一4割を超えた。

「個性的」などと言われ、恋愛市場ではそれほど人気がないAB型だが、結婚相手を選ぶ際はちょっと見なおしてみてもいいかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

qzoo調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo 
調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
対象:全国20代~60代の既婚男女785名


あなたにオススメ