ウニもイクラも500円!激安海鮮丼チェーン『丼丸』の魅力

グルメ

2016/02/01 07:30

P1288564

マグロやイクラ、ウニなどがたっぷりのった海鮮丼は、牛丼などのリーズナブルな丼物にくらべてはるかに高いイメージがある。

だが、いま話題の激安海鮮丼チェーン『丼丸』では、そんな海鮮丼が「なんでも税抜500円」という、超リーズナブルな価格で食べられるぞ!

P1288548

丼丸は店舗数が急激に増えており、以前は東京にしか無かったお店がいまでは南は沖縄、北は北海道の旭川まで、全国に展開しているのだ。

丼丸はチェーン店だがオーナー側にかなりの裁量を持たせているらしく、店名も店によってかなり異なっている。

P1288547

今回記者が訪れた『恵と幸 丼丸』板橋東山町店では箸と醤油がいらないお客さんに対してお吸い物を無料で提供するなど、親切なサービスを行っていた。

P1288557

購入した商品はさまざまな具が角切りで入っている『ばら丼』と、ウニやイクラ、カニなどの高級食材が入っている『オホーツク丼』、それに定番の『丼丸丼』の3種類。どれも税抜き500円である。

気になる味に関しては、正直どれも文句の付けようがないぐらい美味しい。とくに『オホーツク丼』に使用しているウニは苦味もあまりなく、安い回転寿司よりもいいモノを使っているのではないだろうか?

P1288577

また、『丼丸丼』のマグロは大ぶりでネギトロもたっぷり。どうやらマグロはベトナム沖で獲れたものをベトナムでスライスし、冷凍して輸入していることで高い品質と低価格を実現しているようだ。

ワンコインという価格を考えると注文を付けるのをためらってしまうが、強いていえばワサビが粉のため大量につけてもあまり香りがしないので、ワサビは別料金で付けるか無くても良いのではないかと感じた。

わざわざ電車やバスで行くお店ではないが、近所にあったら非常に嬉しい激安海鮮丼店『丼丸』、もし見かけたらぜひ買ってみることをおススメするぞ。

参考リンク:丼丸

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男