壁一面の本!渋谷「森の図書室」でゆったり過ごしてみる

地域

2016/02/05 15:00

森の図書室

全国出版協会・出版科学研究所の調査によると、2015年における電子出版を除いた書籍・雑誌の推定販売額は約1兆5220億円

1997年以降、11年連続の減少で、ピークだった約2兆6000億円(1996年)のおよそ6割にまで市場は縮小している。また前年比5.3%マイナスは、過去最高の落ち込みとのこと。

本離れ、雑誌離れ、活字離れが叫ばれて久しいが、そうした中でも出版文化を盛り上げようとする動きがある。


画像をもっと見る

 

■3つの「本」

今回、編集部が訪れたのは、渋谷駅から歩いて10分程の場所にある「森の図書室」。「渋谷に、本と人がつながる場所を。」をテーマに営業するカフェだ。

「森」の漢字は「木」からできているが、ここでは3つの「」で表現している。 扉を開けると、こんな具合。

sirabee0205cafe7

店内の壁は一面の本棚だ。

sirabee0205cafe9


関連記事:大人なカフェバーにボードゲームが200種類!ゲームを通じた社交場の魅力とは

 

■デイタイムとナイトタイム

営業は、カフェスタイルのデイタイム(13時~17時)と、お酒メインのナイトタイム(18時~24時)がある。デイタイムは、ウーロン茶、コーラなどがお代わり自由で1000円、ホットサンドを付けると1500円。

sirabee0205cafe3

ナイトタイムでは、アルコールメニューが600円から(ノンアルコールメニューもあり)、フードメニューが400円からとなっている。

森の図書室

同時に会員制度を導入しており、非会員は席料として500円が必要。会員(年会費1万800円)になると、席料が無料になる他、メッセージ入りの本を置けるなどの特典がある。


■メッセージカードも

置いてある本は様々の一言。

図書館のような系統だった配置ではなく、書店のような「種類別」にもなっていないため、ゆっくり眺めつつ面白そうな本を探すことになる。

sirabee0205cafe6

ポップや壁に貼られたメッセージカードもあるので、それを手掛かりにしても良いだろう。照明や空調も落ち着いており、ゆっくり過ごすにはもってこいの場所だ。

ちなみにコースター裏には「森の感想文」がある。

sirabee0205cafe4

渋谷駅近辺には、漫画喫茶、ファーストフードチェーン、コーヒーショップが少なからずあるが、本をメインにしたコンセプトは、興味を持つ人が少なからずいるはず。一度訪れてみてはどうだろうか。

【森の図書室】
東京都渋谷区円山町5-3 萩原ビル3階
営業時間:13時~17時、18時~24時
休日:不定休

(取材・文/しらべぇ編集部・県田勢