お金を落とした子供にいくらあげる?千葉県民のケチさがスゴイ

地域

2016/02/05 19:00

お金を落としたら
©iStock.com/Tomwang112

おつかいを頼まれ、1000円札を握りしめてお店へ行くと、しっかり持っていたはずのお金がない! どこかに落としたらしいけど、来た道を戻りながら必死に探してみても、どうしても見つからず途方にくれる…。

そんな経験をしたことのある人も少なくないのではなかろうか。

探した結果、無事見つかった人もいるだろうし、見つからず手ぶらで家に帰った人もいるだろうが、今となっては懐かしい思い出になっているに違いない。

しかしもし大人になった今、お金を落として困っている子供を見かけたら…あなたならどうするだろうか?


画像をもっと見る

 

■あったかいよ、日本人

お金を落としたら

全国の20代~60代の男女1331人を調べてみたところ、3人に1人が「100円ぐらいならあげる」と回答。「500円までならあげる」と答えた人も3割以上、「1000円以上でもあげる」という優しい人も8.6%おり、多くの人が、お金を落として困っている子供を助けてあげたいと考えていることがわかる。

落としたお金の使い道にもよるが、子供の買い物であれば、500円程度あれば問題なさそうだ。

一方、「お金は1円もあげない」と答えた人は25.4%。一緒に探してあげるなど、お金をあげる以外の方法でも助けられるが、シビアな人もそれなりにいることがわかる。


関連記事:肉食系30代が走りに惚れた?「新型プリウス」への反応を調べたら…

 

■千葉県民は子供に厳しい?

お金を落としたら

都道府県別調査では「1円も渡せない」と答えた人が全国で一番多かったのは千葉県。その数値は31.0%で、愛知県とは10%以上の開きがあった。

一体どのような理由があるのかはわからないが、子供たちは未来の財産。みんなで育てる意識をもっと持ったほうがいいのかも。


■京都府民は羽振りが良い?

お金を落としたら

「1000円以上渡せる」と答えた人は京都府が18.2%で全国最多となった。1000円以上あれば、目的のお菓子などを買い、電車で家に帰ることだって可能だろう。見ず知らずの子供にそれだけの額をあげられるとは、京都府民は気前が良いようだ。

一方、「1000円以上渡せない」と答えた人が多かったのは大阪府民。千葉県民のように決してケチではないが、子供にあげるお金であっても財布のひもはそう簡単には緩まないらしい。

(文・取材/しらべぇ編集部・上江洲規子

qzoo調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年1月22日~2016年1月25日
対象:全国20代~60代の男女1,331名