「パクってんじゃねえよ!」借りたモノを返さない人は意外と…

借りた物は返す、当たり前のことながら実行できないことも少なくない。うっかり借りたことを忘れてしまう場合や、「返そう」と思いつつ、つい先延ばしにしてしまうこともあるだろう。

いわゆる「借りパク」と呼ばれる問題だ。


 

■図書館では5人に1人

しらべぇ編集部が、アンケートサイト「マインドソナー」で全国に住む全国10~50代の男女330人を対象に「図書館の本を1か月以上返さなかったことがある人」を調べたところ、全体の20%に経験があることがわかった。

sirabee0209entai3

外国では図書館の本の返却を延滞した場合に罰金を科すところがあるものの、日本でそうした罰則制度を取り入れているのは、一部の私立図書館や大学図書館に留まっている。

法的な問題もあるだろうが、いずれ公的な図書館でも罰金が導入される可能性も考えられる。

sirabee0209entai1


 

■延滞料金は「借りパク」防止に機能する?

sirabee0209entai2

それでは料金を支払って借りるレンタルビデオはどうだろうか。同じくアンケートサイト「マインドソナー」で調査したところ…

sirabee0209entai4

1ヶ月以上返却が遅れた経験者はわずか9%で、図書館と比較して割合は半分以下となった。

レンタルビデオ店では、返却の遅延に対して一定の延滞料を科していることが多い。

会員システムや利用コースによっても異なるが、大手レンタルチェーンのT社ではレンタル1点延滞1日につき50円、G社では同じく1点延滞1日につき150円の延滞料を徴収している。

仮に30日延滞すれば、T社の場合1500円、G社なら4500円が必要となる。やはり「罰則」の効果はある程度見込めるようだ。


■借りパクは女性に多いが、女性のほうがお金に敏感?

図書館とレンタルビデオ、それぞれの延滞を男女別に見てみると…。

sirabee0209entai5


図書館とレンタルビデオで全体平均が減ったのと同様、男女別でも減っている。ただし男性は6ポイントの減少に対して、女性は20ポイントも減少した。

借りパクに陥りがちなのはどちらかといえば女性だが、お金に敏感なのもまた女性と考えていいかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・県田勢

あなたにオススメ