大阪堺市の成人雑誌ビニール化にコンビニ店主「客足減る」と困惑

オトナ

2016/02/19 17:30

sirabee0219ero

17日、大阪府の堺市が市内のコンビニに協力を求め、成人向け雑誌(=エロ本)を半透明の色付きビニール袋で覆う施策を行うことが判明した。

これは成人向け雑誌が子供たちの目に触れるのを避けるため。小さな子供の視線を防ぐ目的で、陳列棚の下部にプラスチック板を設置する構想もあるらしい。

現在のところ、ビニール袋は縦12センチの長さのため完全に隠れるわけではないものの、全国でも例を見ない政策だ。


 

■コンビニ店主的には痛い?

さて、この堺市の政策にコンビニサイドの人々はどのような意見を持っているのだろうか? 取材班は大分県内で数字系のコンビニを経営するK氏(63歳・男性)に話を聞いた。

「私はコンビニは立ち読みさせてナンボだと思います。普通の漫画もだし、私は中学生がエロ本を立ち読みしていても見て見ぬふりをしていますね。立ち読み客は外から見えるから『うちは賑わってます』ってアピールにもなるし、立ち読みついでにお菓子やお茶を買ってくれる人も多いですから。


常に客足が途絶えない都心部のコンビニには関係ないかもしれませんが、普通にしていても混まない田舎のコンビニでは、そういう積み重ねが大事なんですよ。


でも、本社の命令は絶対だから、もし『ビニールで隠してね』って言われたらそうしますね…。正直、かなりめんどくさいけど…売り上げも下がりそうだし」


また、スマホが普及した現代では、思春期の男子はスマホで成人向けの画像・動画を見ているとされる。そんな現実を考えると、「税金をかけてまでおこなうことなのか?」という市民の疑問も理解できなくもない。

https://twitter.com/shimokataR18/status/697832511007666177

今後この問題がどんな進展を見せるのか、注目したい。

(取材・文/しらべえ編集部・岡本拓

あなたにオススメ