しらべぇ

世界を震撼させた驚愕の心理戦『ミルグラム実験』とは

コラム

「これは罰による学習効果を測る実験です。教師役のあなたは生徒役に問題を出し、もし生徒が間違った解答をしたら、罰として電気ショックを与えてください」

 

1960年代、アメリカのイェール大学にて実際に行われた心理実験である。

新聞広告で集められた一般人の被験者は、まず「教師役」と「生徒役」に振り分けられる。そしてペアを組み、それぞれ別の部屋に入るのだ。そして実験が始まると、教師はインターフォンを通して生徒に問題を出す。

 

■心理状況を試す『ミルグラム実験』

ミルグラム実験

※画像はwikipediaのスクリーンショット

心理学者スタンレー・ミルグラムが実施したこの『ミルグラム実験』

「教師」(イラスト:T)の手元には送電器が置かれている。指示のとおり、「生徒」(イラスト:L)が答えを間違えた際、罰として電気ショックを与えるためだ。

※画像はYouTubeのスクリーンショット

※画像はYouTubeのスクリーンショット

さらに教師は、生徒が1問間違えるごとに15Vずつ電圧を上げるよう指示されている。送電器の最大値は450V。

そのボタンの下には「危険」という注意書きがしてあるが、実験者(イラスト:E)は「全責任は我々が負います」と告げる。

じつは、生徒役となったのはすべてサクラで、真の被験者は教師役をあてがわれていたのだ

この実験の真の目的は、権威に対する「服従実験」。つまり、「権威によって他人の体に危害を加えるように指示されたとき、いったい人々はどう振る舞うか?」を調査していたのだ。

 

■試される教師役の被験者

ミルグラム

※画像はYouTubeのスクリーンショット

実験が開始されると、サクラである生徒は途中から間違った解答を連発し始める。それに伴い被験者である教師は、罰として彼らに電気ショックを送り、さらに間違えるたびに15Vずつ電圧を上げていく。

もちろん生徒たちは、電気ショックを受けた演技をするだけであるが、被験者は知るよしもない。 演技のレベルは…

・135V→うめき声をあげる

・150V→絶叫する

・330V→無反応になる

 

このようにあらかじめ決められており、多くの被験者は生徒がうめき声をあげ始めた辺りから、実験の遂行に迷いを見せる。しかし、かたわらの実験者が、威厳を持ってこう伝えるのだ。

「続けてください」

 

■果たして実験の結果は?

ミルグラム

※画像はYouTubeのスクリーンショット

このときの被験者は40人。なんとその62.5%にあたる25人の被験者が、度重なる電気ショックでほとんど無反応になった「生徒」に対し、最大電圧である450Vまでボタンを押したのである。その他の被験者も、300V以前で中止まで至ったものはいなかったという。

ミルグラムは、実験報告にこう記す。

「ヒトは権威に命じられると(そして責任を取らなくていいと保証されると)どんな残虐行為に対しても葛藤やストレスを無視できる」

 

■ナチス親衛隊の残党・アイヒマン

じつはこの実験は、アドルフ・アイヒマンという男の裁判から着想を得ている。

アドルフ・アイヒマン

※画像はwikipediaのスクリーンショット

ナチス親衛隊として何十万ものユダヤ人をガス室に送ったアイヒマンは、ドイツ敗戦から約10年後、逃亡先のアルゼンチンにて捕らえられて裁判にかけられるのだが、その裁判をハンナ・アーレントという哲学者が傍聴していた。

アイヒマンは被告席で「上からの命令に従っただけ」とただ繰り返す。アーレント女史は、その言動のあまりの矮小ぶりに驚愕する。

ユダヤ殲滅のために辣腕をふるったこの元ナチ親衛隊は、巨悪に加担した残虐な怪物とは程遠い、単なる凡庸な小役人に過ぎなかったのだ。

 

■凡人を怪物たらしめたものは…

「命令に従っただけ」

 

その言葉の裏にあるのは、権威の庇護にある安全圏での、完全な「思考の放棄」である。それはつまり、善悪やモラルの判断をも放棄するということになる。

「思考できなくなると平凡な人間が残虐行為に走る」

 

アーレントはこう述べ、「悪の凡庸さ」という言葉を生み出した。ヒトラーのような本物の悪の権化の存在は、じつはほんの一握り。実際の悪は、その他大勢の凡庸な人間の思考停止によって遂行されるのである。

アーレントはこの裁判を踏まえ、「思考を止めない」ということの大切さを世に強く訴えかけた。

 

■誰もがアイヒマンになり得る

前述したミルグラムの行った服従実験は、別名『アイヒマン実験』とも呼ばれる。この驚愕の実験結果は、「人間は誰もがアイヒマンになり得る」という恐ろしい可能性を示唆していると言えるだろう。

「自分はそんなことにはならない」と言うのは簡単であるが、悪に陥らせる罠は日常のあらゆる場面に潜んでいるのだ。

そんな悪に与しないためにも、我々はまず自分の弱さを自覚し、そして思考することの大切さを肝に銘じておくべきではないだろうか。なお、『ミルグラム実験』は映画化され、昨年アメリカなどで上映されている。

日本での公開は未定だが、機会があれば是非ご覧いただきたい。

【参考】
映画:『ハンナ・アーレント』
書籍:ハンナ・アーレント著『イェルサレムのアイヒマン』
書籍:スタンレー・ミルグラム著『服従の心理』

(文/しらべぇ編集部・フクダかづこ

関連記事

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集