超天才に聞いた『IQが160もあるデメリット』7選

コラム

2016/02/27 07:00

(写真はwikipediaのスクリーンショット)
(写真はwikipediaのスクリーンショット)

生まれ持った頭の良さを示す言葉IQ。「これができたらIQ200」のような嘘くさいテストを見たことある人も多いだろうが、実際、人口の8割は80~120の範囲に入るとされる。医学的な異常値は130~だが、この段階になるとわずか2%という少なさだ。

そんな中、記者は「過去に医療機関でIQが160だと診断された」経験を持つK氏(28歳・男性)と知り合った。IQが160もあると、メリットもあればデメリットもあるそうだ。

デメリットのほうの話が非常に興味深かったので、読者の方にもお教えしよう。


 

①同年代の友人がまずできない

「人間はIQが15以上離れると話が合わないとされています。ですので、たとえ超進学校に進んだとしても、話が合わないことも多かったです。


東大生ですら、平均IQは120程度を言われていますしね。私の場合、中高時代の友人は近所の20歳年上のお医者さんの先生ひとりでした」


関連記事:宅配寿司チェーンが「人力車」や「籠」でデリバリー開始!?取材した結果…

 

②学校の授業が簡単すぎて地獄

「IQが高いと教科書を二回くらい読めば覚えてしまえます。これはメリットでもあるのですが、学校の授業が苦痛になる要素でもあるのです。とくに内職禁止の授業は拷問で、いつも脳内で空想をしていました」


③なにをどうしても「変人」「変態」などのあだ名がついてしまう

「考えることも突飛でおかしいし、変な行動もあるし、なにより雰囲気に出てしまうようです。まあ、半分いじめられていたんでしょう」


④「あなたみたいな人と生まれてはじめて出会った…」というドラマチックなセリフを1年で20回くらい言われる

「私は『頭の回転がはやい』『変態』『アイデアマン』『謎の魅力がある』『精神年齢+20』などと言われる人間。そういう人はあまり身近にいないようで、『あなたみたいな人ははじめて』とよく言われます」


⑤相手が何を考えているのかわかる上、鍛錬を積むと『相手が言ってほしい言葉』が脳内に浮かぶ

「ギフテッド(IQが130以上ある人のこと)には他者の気持ちに対する深い共感性が見られ、人の心を鏡のようにくみ取る能力がある人もいます。


さらに人生経験を積むと『相手が今、自分に何を言ってほしいか』がわかるようになりました。ですが、いちいち人の気持ちがわかるのもしんどいものです。年頃の女の子とか、メンヘラ多いじゃないですか?」


⑥狙ってないのに「教祖」的なポジションになってしまう

「自分はお人よしなので、誰かが困っていれば助け、悩みを聞き、トラウマがあればそこから離脱する手助けをしてしまいます。が、良い結果が続くと自然と信者のような人が周りに増えてくることも…。新興宗教を始めるつもりもないし、さすがに困ってしまうので、最近は人助けも控えるように…」


⑦「自称ギフテッド」な社会不適合者が寄ってくる

「ギフテッドにはメリットだけでなく、デメリットもあり、当事者はそれらをひっくるめて受け入れているもの。しかし、ギフテッドの肩書になぜか憧れた人たちが、『俺もそうかもしれなくて…』『生きにくいんです…』と寄ってきます。90%はただの社会不適合者で、IQも高くない人たちですね。中二病はもう卒業しましょう」


(取材・文/しらべえ編集部・岡本拓


あなたにオススメ