世界一の朝食よりウマい日本一の朝食が大阪にあった!『銀シャリ屋ゲコ亭』

グルメ

2016/03/01 12:00

P2271987

最近は濃厚なパンケーキやフレンチトーストが自慢の、「世界一の朝食」と言われているお店が大ブームである。

だが、日本人たるもの朝食といったら炊きたてホッカホカの白飯とおかずでしょう! と、保守的な考えを持っている人もきっといるはず。

今回はそんな大和魂溢れる人たちにぜひおススメしたい、世界一の朝食を超える美味しさの「日本一の朝食」を提供するお店をお教えしよう。

P2271998

そのお店『銀シャリ屋ゲコ亭』があるのは、大阪府堺市。阪堺電気鉄道の寺地町から徒歩1分の場所にあり、朝から多くのお客さんたちで賑わっている。

P2271984

お店に入るとまずはお盆を取り、店内にズラッと並べられたおかずを自由に取る一般的な定食屋のスタイルだ。

P2271983

おでんから定番の焼き魚にフライなどがたくさんあり、いろいろと迷ってしまうのだが、今回はカキフライとツヤツヤで美味しそうな刺身に出汁巻き卵、ぬか漬けをチョイス。

P2271982

最後に豚汁とごはんをもらい、そのまま着席していただけばOK。お会計は食事中に伝票を持ってきてくれるので楽チンである。

P2271985

まずはどう見ても定食屋レベルではないマグロのトロにわさびをつけパクリ。ン、ンマスギルゥ! 口いっぱいにマグロの旨味が広がり、炊き立てのご飯を掻き込む。

「日本に生まれてよかったー!」

…と、叫びたくなるぐらい美味しい。ご飯の炊き具合は微妙に柔らか目だが、堅めのご飯が好きな記者でも超美味しくいただけるレベル。よりおかずに合う水加減で炊いているのだろう。

P2271991

カキフライも特製のタルタルソースをたっぷりつけて食べると、これまた濃厚でメチャうまい。揚げてから少し時間が経っているはずなのに、サクサク感が残っているところに技術を感じた。

P2271992

また、さらにスゴいのが自家製のぬか漬け。心地よい糠の香りにほどよい塩気と酸味は、漬物専門店に余裕勝ちする絶品だ。味の強いおかずの箸休めにも最高で、これが100円とは信じられない!

今回はコレだけいただいて、お会計は2,000円。普通に食事するのであれば1,000円前後で収まるコストパフォーマンスも素晴らしい。

P2271994

わざわざこの朝食だけを食べに堺市へ行っても絶対後悔しないレベルの、日本一の朝食を提供する『銀シャリ屋ゲコ亭』、朝は白米派の人は、絶対に行くべし!

【銀シャリ屋ゲコ亭】
住所 大阪府堺市堺区新在家町西1−1−30
営業時間 9時〜13時(火曜・水曜定休)

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男