今年の桜は早い?遅い? 300人の本能を調査、意外に正確

2016/03/01 11:00

弘前城の桜

日本気象協会が2月24日、今シーズン2回目となるサクラの「開花予想」を発表した。


画像をもっと見る

 

■「平年並み」が大半

発表では、第一回(2月3日)では平年より遅い開花としていた四国を「ほぼ平年並み」に、平年並みとしていた東北を「平年並みか平年より早い」に、それぞれ「予想」を修正している。

各地方の開花予想 ()内は第一回

 ・九州=平年より遅い

 ・中国=ほぼ平年並み

 ・四国=ほぼ平年並み(平年より遅い)

 ・近畿、東海、関東、北陸=ほぼ平年並み

 ・東北=平年並み、または早い(平年より早い

 ・北海道=平年並み

弘前城の桜

同協会は3月から毎週、予想を修正しながらの発表を4月下旬まで行う。「花見の日程が気になる」という人もそうだが、サクラにまつわるイベントなどの運営に携わる人にとっては、桜前線の状況がより切実に「気になる」ところかもしれない。


関連記事:梅の人気度、桜に完敗!北海道では「見たことない」という人も

 

■桜前線、まず東京へ

なお今回の発表では、開花が最も早くなりそうな都市に東京(千代田区)が福岡・高知・名古屋と並んで入っている。4都市の開花予想日は3月25日。東京の予想日は、第一回では3月26日だった。

たった1日早くなっただけとはいえ、東京はそうそうたる花見の名所を多数抱えるところ。「最前線都市」のひとつに入ったことで、がぜん期待が高まる。今後の「予想」に注目していきたいところだ。

弘前城の桜

なおサクラの代表的な品種で、開花日の予想でも広く対象になっている「ソメイヨシノ」は、開花日から約1週間で7分咲きになる。見頃とされているのは7分咲きから満開、散り初めにかけて。花吹雪の頃も合わせると、2週間ほど花の風情を楽しむことができる。


■「本能的開花予想」では?

グラフ

アンケートサイト「マインドソナー」を利用しての調査によると、「今年の桜はいつもより早く咲きそうだ」と感じている人は47%。

この冬が暖冬傾向だったことから「早く咲きそう」と感じている人がもっと多くなってよさそうなものだが、おしなべて平年並みとしている科学的な「開花予想」とほぼリンクしている印象。調査対象者の本能にほぼ頼った数値であるにもかかわらず、意外に精度が高い。

四季の移り変わりに敏感とされてきた日本人の「DNA」は、取り巻く環境が劇的に変化しているにもかかわらず、まだまだ失われていないということなのかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・前田昌宏

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

東京調査サクラ開花予想桜前線
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング