凡人はわからない?「記憶力が良すぎる人」が経験する苦労5選

男女

2016/03/06 17:00

©iStock.com/ChrisGorgio
©iStock.com/ChrisGorgio

人間は忘れる生き物。物忘れは加齢にともなうことも多く、記憶があいまいなときに「もう年だから…」と言い訳する人も少なくない。しかし一方で、記憶力が良すぎる人にも不具合があるのだそう。

しらべぇ編集部では、「一回聞けば曲を覚えてしまうため、カラオケのレパートリーが数百ある」と語る、記憶力バツグンの31歳男性にそのデメリットを聞いた。


 

①相手に「気がある」と勘違いされてしまう

「相手に興味があるかどうかは関係なく、一度聞いたことはだいたい覚えてしまいます。


なので、恋愛感情のない女性に飲み会の席などで『〇〇さん、これ好きだったよね?』と、以前聞いて覚えていた好きな食べ物をすすめたりした場合に『そんなことまで覚えてくれているなんて、私のことが好きなのかな』と思われてしまうことも…。


気があると勘違いされるのはまだマシなほう。ひどい時には『いちいち好きな食べ物とか覚えてるなんてキモイ』と陰で言われたりしているようです」

関連記事:超天才に聞いた『IQが160もあるデメリット』7選

 

②「その話、前も聞いた…」と感じることが多い

「誰でも『以前した話をまた同じ相手にしてしまった』という経験があると思いますが、おそらく多くの人は自分が思った以上に同じ話を繰り返してますよ。


そこで『前も聞いた』と言うのは雰囲気を壊すのでしませんが、あとからその場にいた別の人に『あの話、前も聞いたよね?』と言っても、ほぼ『覚えていない』と言われます。


私が、たとえ数年前に聞いたことでも相手の発言内容まで細かく覚えているからなのかもしれませんが」

関連記事:超天才に聞いた『IQが160もあるデメリット』7選

 

③嫌な過去を鮮明に覚えている

「もちろん、楽しかった記憶も覚えているんですが、二度と思い出したくもないような出来事も鮮明に記憶しています。運転中には以前目撃した交通事故の現場が蘇って気分が悪くなることも」


④ゲームで本気を出せない

「神経衰弱や麻雀など記憶力がカギとなるゲームは、一人勝ちしてしまう可能性があるのでわざと間違えます。心から楽しめないので損してるなと思います」


⑤一度訪れた場所は脳内で映像再生できるので、二回目以降の新鮮さがない

「自分は映像で物事を記憶するせいか、イメージ的には常に頭の中にはさまざまなスクリーンがある感じ。感動的な景色も、帰宅してから何度でも味わえる感じなので、同じ場所を訪れた時の驚きが薄いです」


何でも記憶してしまうことには、一般的な記憶力を持つ人にとっては考えられないような苦労が付随するようだ。何かを忘れるのは悪いことばかりではないのかもしれない。

(取材・文/しらべぇ編集部・サ乙


あなたにオススメ