「20代の喫煙者」に際立った特徴が判明 年配層との違いとは…

タバコ
©iStock.com/fuzznails

喫煙者と非喫煙者の間で交わされる議論は、根深いものがある。しらべぇ編集部でも、これまでさまざまな切り口で報じているが、両者の主張はなかなか交わることがない。

本記事では視点を変えて、喫煙者同士にある問題について調査をしてみることに。


 

■喫煙者だけど他人が吸うのは不快! 20代の若者が突出

全国20代〜60代の喫煙者である男女291名を対象に「他人がタバコを吸うのは不快だ」と思っている人の割合を調べてみると、全体では2割が該当した。

年代別で見てみると、20代では4割もの人が「他人の喫煙行為を許せない!」と思っているようだ。

タバコ

40、50代との数値と比較しても、その差は歴然である。


 

■他人の煙を嫌がる20代喫煙者の主張

では、なぜタバコを吸う20代男女は、他人の喫煙行為を許せないのだろう? その理由を聞いてみた。

「タバコが身体に悪いことは理解しています。それでもタバコが好きでやめることができないので、自己責任として吸い続けてる。たとえタバコが原因で病気になったとしても、『自分の責任だ』と受け入れる覚悟はできています。


ですが、他人の副流煙は別です。人の出した有害物質まで身体に入れたら、寿命だって縮むでしょう。同じ喫煙者でも、そこまで寛容にはなれません」(20代男性)


「副流煙もそうですが、私はニオイを気にします。タバコによってニオイは大きく違うからです。


甘いのを好んで吸っていますが、おじさんたちが吸う正露丸のニオイのようなタバコは嫌いです。なので、喫煙ルームでは絶対に吸いたくない。


いろんなタバコのニオイが混ざって、服や髪につくのは耐えられないですよ。私はとくに、ファッションとしてのタバコを楽しんでいるんです」(20代女性)


タバコを吸う20代の若者の中には、こうした思いを抱いている人もいる。「喫煙者vs非喫煙者」の対立のみならず、「喫煙者VS喫煙者」の構図もあるらしい。

(取材・文/しらべぇ編集部・chan-rie

qzoo調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の喫煙者である男女291名 

あなたにオススメ