卒業式でほしい好きな人の「第二ボタン」 若者世代は無関心?

話題

2016/03/09 06:30

卒業式
©iStock.com/kazoka30

今まさに卒業式シーズン。「好きな人から第二ボタンをもらう」というのは卒業式の定番に思われるが、「そんな甘酸っぱい思い出はない!」という人もいるかも…。

だが、落ち込むことはない。


画像をもっと見る

 

■20代は第二ボタンに興味なし…?

編集部が全国20~60代の男女1348名に調査したところ、実際に第二ボタンのやりとりをしたことがある人は、わずか1割だったのだ。

年代別で見ると、50代男性の5人に1人がボタンのやりとりを経験したことがあるよう。

ボタン

実際に第二ボタンをあげたことがある人の話では…

欲しいと言われたのであげた」(50代男性)


ねだられたので」(50代男性)


などツンツンした答えも目立った。一方、50代女性で回答しているのはわずか8%。嬉しくて覚えているのは、男性のほうなのかも知れない。

また、ここで注目すべきは20代男女のボタンへの興味のなさである。

今の学生たちは、卒業後もLINEやメールなどで簡単に連絡が取れるため、それほど第二ボタンに思い入れがないのだろうか? ボタンなどに価値を見出していない世代なのかもしれない。


関連記事:社会人必見!半数以上が「いい文房具を使う人は仕事できそう」と思っている

 

■第二ボタンの淡いエピソード

本調査で、ボタンをもらったときのエピソードを詳しく答えてくれたのは、少女マンガ全盛期の30代の女性たち。

 「中学時代の彼氏はモテる人だったので、卒業式は第二ボタンをもらいに来る人がたくさんいた。じつは卒業式の前日、彼は制服にずっとついていた第二ボタンを私にくれて、他の人には買って用意したボタンをあげていた


「ずっと憧れていた先輩の卒業式でもらった。人気がある人だったので、事前に予約して確実にゲットした


など、熱のこもった回答が目立った。


■ウソつきの2割がボタンのやりとりをしたようだが…

また、モテる人とコミュニケーション能力が高い人、さらに美人やイケメンは、やはりボタンをやりとりしている割合が高かった。

そんな中、ウソをつくのがうまい人のやりとり率も2割を超えていたのだが…。これは見栄なのか、ある意味コミュ力が高いということなのだろうか。

ボタン

第二ボタンをもらえなくて落胆してしまった人もいるだろうが、卒業式ではいい思い出が作れることがなによりであろう。

(取材・文/しらべぇ編集部・樫くるみ

qzoo調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1,348名