すでに半袖の「健康優良児」は関東に多い?男女差も歴然

半袖の老人
©iStock.com/perkins07

全国的に、例年より「暖冬」と言われた今年の冬。3月の気温も平年より高い日が多い一方で、急に寒さが戻る日もある。この季節はコートや洋服選びを間違えて、汗をかいたり凍えたりすることも少なくないだろう。

しかし、すでに半袖がメインになっている人は…いるのだろうか? しらべぇ編集部は、北は北海道から南は沖縄まで1348名の男女を対象に調査を実施した。


 

■9割以上は「まだ長袖」だが…

半袖

2月末に実施した調査で、「まだ半袖」と回答した人が96.2%。圧倒的多数だが、20代男性ではおよそ1割がすでに半袖に衣替えしていることが判明。

一方、もっとも低かったのは40代女性で1%以下。女性は「冷え性」を自覚する人が多いが、こうした体感温度の違いがあるのかもしれない。


 

■「南ほど半袖」ではない

地域別では「九州や沖縄など、西南エリアほど薄着の人が多そう」と思われるかもしれない。しかし実態は…

半袖2

もっとも高かったのは関東で、九州・沖縄エリアを上回った。大都市ほど温暖化が進んでいるため、また家やオフィスなどにいて外に出る時間が限られるせいだろうか。

北海道・東北よりも半袖率が低かったのは、東海エリア。北国は屋内の暖房施設が充実しており、「冬は家の中では薄着でないと汗をかく」という人もいる。

急に寒くなる季節なので、半袖派も洋服選びの際は天気予報をよく確認していただきたい。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

qzoo調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo 
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1,348名

あなたにオススメ