しらべぇ

学生時代に教師から「体罰」を…あの地域では3割が該当

ライフ

学校

©iStock.com/jaimax

学校での体罰問題は、ニュースを通して我々の耳にも入ってくるだろう。事態が最悪なものだと、生徒が死に至ってしまったケースも少ないとは言えない(自殺も含めて)。

しらべぇ編集部では、学生時代に教師から体罰や理不尽な仕打ちを受けたことがある人がどれほどいるのか、その実態に迫ってみることに。

 

■教師から体罰…経験者は約2割

全国20代〜60代の男女1348名を対象にした調査では、約2割の人が教師から体罰を受けたことがあると回答。男女の年代別では、以下のようになった。

体罰

近年とくに体罰の問題が報じられるようになった影響か、20代の若者はほかの世代と比べて経験者が比較的少ない。

教師も「体罰だ」と受け取られることを警戒しているのかもしれない。30代以上になるとその数値が高いことからも、可能性はありそうだ。

また、女性であっても体罰や仕打ちを受けてきた人は少なくないと明らかに。

 

■福岡県民の3割は理不尽な体罰を受けていた

都道府県別の調査では、その地域性も見ることができる。

体罰

なんと福岡県民では、約3割もの人が体罰などを受けた経験があるようなのだ。京都府民の1割以下と比べても、その多さがわかる。

なぜ福岡県民に多く見られたのだろうか。熱血漢の教師が多いということなのだろうか?

教師に体罰の認識がなくても、生徒が体罰だと感じたのならそれは、行き過ぎた指導だった可能性は高いだろう。

 

■男子校時代に暴力を受けた男性、理由には納得も…

しらべぇでは、学生時代に教師から暴力を受けたことがある20代の男性に話を聞くことができた。

「高校生のころ、男の先生から殴る蹴るの指導という名の暴力を受けたことがあります。私学の男子校だったので、容赦なかったですね。

 

ただ今思えば、そうした暴力的な指導を受けるのも仕方がなかったかなと。男子校だったのもあると思うけど、先生の言うこと聞かないヤツがとても多かったので…。先生が手を焼いていたのもわかります。

 

叩かれたりというのは生徒も傷つきますが、先生をそうさせていた部分もあるのかな、と。でもそこで先生が手を挙げることで、また生徒の悪態がエスカレートしたっていうのも事実なんですけどね」

 

こうした話もあるように、「生徒が教師をそうさせてしまった」という側面もあるのかもしれない。だが、指導する立場の人が体罰に走ってしまうのは、決して容認できるものではないだろう。

(取材・文/しらべぇ編集部・chan-rie

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu