乃木坂46が恋愛ゲーム化!ガチファンに「理想のストーリー」を聞いた

ホビー

2016/03/24 07:00

(写真は乃木恋HPのスクリーンショット)
(写真は乃木恋HPのスクリーンショット)

23日、アイドルグループの乃木坂46がはじめてゲームになることがわかった。その名も『乃木恋~坂道の下で、あの日僕は恋をした~』

スマホ用の恋愛ゲームで、プレーヤーは乃木坂46メンバーたちが在籍する芸能科クラス唯一の男子として生活。マネジャーを務めながら、クラスメートとしても距離を縮めていく、という筋書きらしい。


画像をもっと見る

 

■ガチなオタクが妄想するストーリーとは?

配信は来月下旬からだが、すでにファンの中では大いに話題となっている本作。取材班は「100万円以上は握手券に費やした」と語るK氏(32歳・男性)にメンバーごとの「理想のストーリー」を聞いた。

①生田絵梨花

(写真は公式サイトのスクリーンショット)
(写真は公式サイトのスクリーンショット)

「メンバー1、お嬢様で正統派美少女のいくちゃん。舞台出演も多い彼女には大林宣彦作品のような抒情的な物語を期待したい。ベタだけど、放課後の音楽室からピアノの音が聞こえてきて…とかたまんない。


帰り道、主人公が『マックに行こう』と言ったら『なにそれ? 私行ったことないなあ。良かったら連れてって』とかボイスで聞かせて


②伊藤万理華

(写真は公式サイトのスクリーンショット)
(写真は公式サイトのスクリーンショット)

「クラスで唯一美術部に入っているまりっか。部員が足りないってことで主人公も無理やり入れられるのですが、他の生徒は幽霊部員で、いつしか放課後の美術室にふたりでいるようになり…。


あの少しかすれた声で、『絵、意外と上手いんだね…悔しい』って言ってほしいな」


③齋藤飛鳥

(写真は公式サイトのスクリーンショット)
(写真は公式サイトのスクリーンショット)

「『LARME』などの雑誌で今や女性からも人気のあしゅりん。妹キャラは生かしたいので、自分が高校で2回留年した結果、男友達の妹(年下)と同じクラスになっちゃったことにしましょう!


仲良くなると中身のクソガキさは変わらずで、ケンカも起きる。でも、首を絞められてもあしゅりんは細いんで締まらないんすよね。そこがまた萌える!


④白石麻衣

(写真は公式サイトのスクリーンショット)
(写真は公式サイトのスクリーンショット)

「まいやんはすでに芸能界で売れてるので、そもそも学校にあまり来ないんですよ。仲良くなりたいなあと思っていても、最初は接点がない。


でも、ある日じつは家が近いことが判明するんです。そして担任の教師が『宿題、白石の家に持って行ってくれないか?』とアシストしてくる。出てきたまいやんはすっぴんマスクなんですけど、でもすっぴんでも隠せないくらい美人で…」


⑤西野七瀬

(写真は公式サイトのスクリーンショット)
(写真は公式サイトのスクリーンショット)

「七瀬の場合、もともと小学校で同級生だったとかどうでしょう? 気になってたけど転校で離れ離れになり、高校で再会。静かで内気な性格は相変わらずだったけど、見た目はすごい洗練されてるんです。


共通の話題がある分、他のクラスの男子より仲良くなりやすい。『お前、なんであの西野さんと話せるんだよ?』とか言われて困るみたいな」


大いに期待されているだけに、ファンを落胆させないような素晴らしい出来になることを願うばかりだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・岡本拓