三代目JSBの現在に苦言 元ファンが語る残念なポイント3つ

三代目JSB
※画像は三代目JSB公式サイトのスクリーンショット

今の日本の音楽シーンを牽引しているダンスボーカルユニットといえば、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE 

2年連続で日本レコード大賞を獲得するなど、その活躍は目覚ましいものがある。EXILE全盛期が過ぎ去った今、三代目JSBは若い女性たちを中心に大人気だ。

だがデビュー当時からのファンの中には、「最近の三代目にはついていけない」との苦言を述べる人もいる。いったい何がそう思わせるのだろう?

編集部では、オーディションのころから三代目JSBを追いかけてきた元ガチファンの20代女性に、「残念なポイント」を聞いてみた。



 

①K-POPに寄せすぎ

 「デビュー当時からの楽曲を聴き返すと、『あのころのピュアさはいったいどこへ?』と悲しくなりますね。デビュー曲の『Best Friend’s Girl』には、EXILEにはない味があって。ラブソングを歌う姿からはどこか陰も感じられて、その色っぽく魅惑的な雰囲気が印象的でした。衣装も黒や白を基調にしたものが多く、シックで清潔感があったのに」


「それが今では、まるでK-POPの二番煎じ。わりと広く認知され出だしたころから『あれ?』と思ったのですが、『R.Y.U.S.E.I.』を聴いたときに終わったと思いました。ランニングマンで一躍有名になりましたが、『ああ、こっちの方向にいってしまうのか』と。今は目がチカチカする衣装ばかりで見るのも疲れます…」


関連記事:E−girlsはアウト?男性に聞いた「セクシーでもナシな芸能人」

 

②ボーカル踊りすぎ

「最初のころ、ボーカルふたりは基本的に踊らなかったんですよ。やったとしても簡単なふりで、歌メインでした。でも陰でダンスも一生懸命練習していたんでしょうね…次第にボーカルもガンガン踊りだしてきた


「今思えば、あの7人のフォーメーションでボーカルふたりが『踊らないこと』でグループのバランスをとっていたとわかります。踊れない人がいることはグループ内で浮く存在なのではなく、ドッシリとした安定感を観る側に与えていたのだと思います。そこは、EXILEのスタイルを継ぐべきでしたね」


③ヤンキー感が出すぎ

「1番ついていけないのが、ヤンキー色を強く出しすぎてきたこと。K-POP寄りにした結果なのかもしれませんが、耐えられないくらいサムいです。デビュー当時のファンからしたら、音楽性の路線変更はまだ許せます。飽きられないために、変わるのはいいことです。ただ最近の三代目のゴリゴリヤンキー感は、嫌悪感を抱くレベル


 「ファンも歳を重ねています。なんだか最近のパーリーピーポー感には、どう乗っていいのか戸惑いを隠せません。もう一度、デビュー当時の『Best Friend’s Girl』のような淡く切ない楽曲を、着飾らない三代目で聴きたいですね」


業界で生き残っていくためには、ときには大きな変化も不可欠だ。その過程で変化を受け入れらないファンが出てきて、次第に離れていってしまうことも避けられないことなのだろう。

(取材・文/しらべぇ編集部・chan-rie