お花見シーズン到来!花見客の「不快な行動」ランキング

社会

2016/03/25 20:00

花見不快
©ぱくたそ

今年もお花見シーズンが到来。東京は3月21日に開花したと気象庁から発表され、平年より5日早い開花宣言となった。

週末にはお花見に行く人も多いと思うが、毎年と言っていいほど話題になるのが「花見客の迷惑行為」。ごみの放置問題はお決まりのようにニュースでも報道されるが、周りの花見客を不快にさせる行動はほかにもある。

そこで編集部では、全国20代〜60代の男女1341名を対象に「花見客の不快な行動」を以下の5択で調査してみることに。

・写真に夢中になって道をふさぐ
・飲みすぎて暴れる
・他人なのにうざい絡みをする
・枝を切って持って帰る
・必要以上に場所をとる


画像をもっと見る

 

■飲みすぎて暴れる人は圧倒的に不快!

すると、結果は以下のようになった。全体の5割以上が、飲みすぎて暴れる人が不快だと思っていることがわかる。

花見不快見ず知らずの人が大声で叫んで暴れていたら、その場から離れたくなるだろう。こうした迷惑行為は、仲間内でもよく見る光景かもしれない。


関連記事:お花見にもぴったり?「妖怪いちご大福」がかわいすぎる

 

■うお座の人は飲みすぎて暴れる人に寛容?

また、星座別に「飲みすぎて暴れる人が迷惑だと思う割合」を抜粋してみると、下記のような結果になった。

花見不快

うお座とふたご座の人は、飲みすぎて暴れる人に比較的寛容なことがわかる。「飲みの場だから仕方ない」と、大人の対応ができる人が多いということなのだろうか。

一方、暴れる行為を許せない人が6割にものぼったのがおうし座みずがめ座。酒癖が悪く暴れがちだという人は、飲む前に参加メンバーの星座を確認しておくといいかもしれない。


■外国人の迷惑行為も問題に…

最近では、外国人観光客の迷惑行為も取りざたされる。言葉の壁がある外国人への対応は、容易なものではないようだ。

Twitterを見えると、こうした訴えも…


最高なシチュエーションで浮かれてしまうのはわかるのだが、度が過ぎると必ず人に迷惑がかかるということは肝に銘じておきたい。それは外国人だけでなく、日本人もしかり。

自分も周りの人たちも、みんなが気持ちよく、お花見を楽しみたいところだ。

(文/しらべぇ編集部・山吹彩野

qzoo調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo 
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1,341名