前田敦子もブチ切れ? ライブで本当にあったトンデモマナー違反5選

ライブはマナーを守って楽しむべき!

ライフ

2016/04/10 17:00

(写真はTwitterのスクリーンショット)
(写真はTwitterのスクリーンショット)

先日、一部メディアで元AKB48の前田敦子が帽子を被ったまま舞台を鑑賞するというマナー違反をし、劇場スタッフに注意されていたと報じられた。

このことについてネット上では「普通帽子は脱ぐでしょ」「近くに座っていたお客さんが気の毒」などの声が上がっていたが、前田は自身のTwitterで「舞台を観るのが大好きなのに、その舞台を汚しているような嘘を書かれるのは悔しいです」と報道を否定している。

今回、前田はそうした行為をしていないとしたが、映画や舞台の鑑賞中に他の客のマナー違反が目についたという話は実際にある。しらべぇ編集部では、そんな経験がある人たちに話を聞いた。



 

 

①大きなお団子ヘア

「女性で、大きなお団子ヘアにしている人がいるが、映画館でその髪型の人が前に座った時はスクリーンが見えにくかった


お団子ヘア自体はいいと思うが、映画館ではやめてほしい」(20代男性)


前田の帽子同様、後ろの人の視界を遮るようなヘアスタイルも好ましくないようだ。


関連記事:女子に聞いた「女性を牛丼屋へ連れて行くとき絶対守るべきマナー」がヤバい

 

②バッグの中でスマホをいじる

「舞台や映画を観る時はスマホの電源を切ったりサイレントモードにしてしまっておくのが当然ですが、バッグの中でスマホをいじっている人をたまに見かけます。本人はバッグの中だから周りにわからないだろうと思っているのでしょうが、周囲が暗いのでスマホの光が漏れてすごく目立ちます


過去には仕事のメールをしている人も見かけましたが、デリカシーがないし、そういう場所で仕事をするのは熱心なんじゃなくできない証拠だと思う」(30代女性)


バッグの中で行うなどの工夫をしたとしても、上演中のスマホ使用が厳禁なことに変わりはないだろう。


③においの強いものを食べる

「映画を観ていたら『パキッ』という音が聞こえて、魚のにおいがしてきた。誰かが魚の缶詰を食べていたようだが、においが強いので迷惑だった。わざわざここで魚の缶詰を食べなくても……と思った」(20代男性)


においで他の客に迷惑をかけるだけでなく、映画館の売店で売っているもの以外は持ち込みを禁じられているケースが多いので、そうした意味でもマナー違反だろう。


④激しいイチャイチャ

「恋愛映画を観ていたら、隣のカップルがいまにも始まってしまうんじゃないかと思うほど、激しくいちゃつき始めたんです。


映画の内容もあって盛り上がったのかもしれませんが、こっちは気が散ってしまいます。せめて周囲にバレない程度に抑えてほしい」(20代女性)


⑤下半身に服をかぶせてひとりHに興じる

「少しHな洋画を見ていたら、同じ列の10代くらいの若い男性が下半身に服をかぶせてごそごそと動いていた。信じられなくてちらちら見ていたら、まさかのひとりHで…。性欲旺盛だとしても、そういうのは家でやって」


ここまでくるとさすがに滅多にいないと信じたいものだが…周りに人がいるからこそ、快感が増すのだろうか?

照明が暗い映画館でも、近くの席の人の行動は意外とわかるものである。映画や舞台を観る時は、自分のみならず他の客も楽しめるように配慮するのが当然である。皆のマナーが徹底され、不快な思いをする人が減ってほしいものだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・サ乙

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部