オリエンタルラジオ『PERFECT HUMAN』は反日ソング?愛国者団体が指摘

2016/04/14 14:08

sirabee160414perfecthuman
(写真はYoutubeのスクリーンショット)

人気お笑いコンビ・オリエンタルラジオが披露した素晴らしいパフォーマンスで一躍話題となった楽曲『PERFECT HUMAN』。若者を中心に現在も大ブレイク中だが、意外すぎる指摘が愛国者の団体『日本会議 八千代支部』から入ったようだ。

指摘の内容とは、なんと『PERFECT HUMAN』の歌詞やダンスに、反日的な内容が含まれているのではないか? ということ。日本会議 八千代支部のブログには、以下のように詳しく反日的な個所について、指摘する文が書かれていた。



 

■日本会議八千代支部が指摘する『PERFECT HUMAN』の反日的部分

・曲のタイトルでもある『PERFECT HUMAN』はマッカーサー元帥を指し、終戦当時に日本を戦勝国の立場から語っている


・『PERFECT HUMAN』にひざまずく敗者とは昭和天皇を指している可能性もあり、そうだとしたらとんでもない差別


・曲中にある「賢者」と「識者」は戦後の左翼知識人を指している可能性がある。


・民共崇める準備はいいか? 自分を高める運気欲しいか? などの歌詞は儀式的な言葉で恐ろしさを感じる


・「I’m a perfect human」と言うときに中田が首をかしげるしぐさが斬首に見える。また、「nakata」は「「chiyoda(皇居のある場所)」に言い換えることもできる


・「We live in Tokyo」のときのダンスが、東京大空襲の際にB-29が東京の上空を飛ぶようなしぐさに見える


・大地と海がパッカーンという表現は、東日本大震災後のようすや、東京大空襲で焼け野原になったようすを小馬鹿にした表現ではないか


・フランス革命後の皇帝であるナポレオンとモーゼを並べるのは宗教を破壊し王政を終わらせようとしているのではないか


・「キングなら歴史をくつがえす」として、彼=マッカーサーに日本を転覆させよとけしかけている


・「A TSU HI KO」は、「A KI HI TO」(明仁=今上陛下の御名前)を連想させる


・「天災!」、「天災!」と、日本の国土が大災害に見舞われてしまえと言っているかのように連呼をしている


誇りある国づくりを推進する民間団体の指摘なだけに、ネット上ではこの内容について物議を醸していきそうな雰囲気だ。オリエンタルラジオは指摘を無視するのか、何らかのコメントを出すのか? 今後が注目される。

(文/しらべぇ編集部・ロバ耳太郎

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

オリエンタルラジオPERFECT HUMAN反日日本会議
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング