30歳を超えてシェアハウスに住む男女の実態が悲惨すぎる

男女

2016/04/17 18:00

シェアハウス
©ぱくたそ

シェアハウスと言えば、フジテレビ系の恋愛バライティ番組『テラスハウス』で一般に拡がった印象がある。そのため、出逢い目的で集まる人たちのイメージを感じるかもしれない。

実際、そこで出逢った人と結婚したという20代カップルもいるのだが、30代でシェアハウスに移り住む人たちは、そんな夢を抱いているのだろうか?

編集部の取材の中で、シェアハウスに住む30代のちょっとワケありな事情が明らかとなった。



 

■30代男性Sさんの場合

「バンドをやっているのですが、本気でそれで成功したくて。シェアハウスの中には、そうした芸術家やクリエイターが集まるシェアハウスもあるんですよ。


そこでの交流を図って、夢に向かって互いに応援し合う存在みたいになっていますが…身内、とくに両親や恋人からは冷めた目で見られますね。夢のことはバカにされて、『はみ出し者』みたいに扱われてるのが辛いです」


本人はいたって本気なのだが、「30歳にもなって夢を追うなんて…」と理解されないのが現実のよう。唯一、夢を理解してくれる良き仲間を求めて、シェアハウスに住む人もいるようだ。


関連記事:スポーツ中に炭酸飲料ダメって本当?飲みながら箱根駅伝コースを走ってみた

 

■30代女性Kさんの場合

「シェアハウスは、結婚するまでの仮住まいとして住み始めました。住むこと2年近くになりますが、相手すら見つかっていません。


ただ、シェアハウス内で恋愛をしようという気は一切ないです。前にもシェアハウスに住んでいましたが、付き合う前から共同生活をして恋愛をするなんて、順序が逆なのでありえないです」


本来なら既に結婚をしてシェアハウスを出ている予定だったというKさん。今や完全に出るタイミングを見失っているという。


■30代男性Yさんの場合

「じつは奥さんと別居をすることになり、現在は離婚調停中なんです。急遽出なくてはいけなかったので、家具が揃っていて職場から近いシェアハウスを即決しました。


離婚の原因は、お互いの仕事が忙しすぎてほとんど会えなくなり、すれ違いが生じたことです。離婚調停中の奥さんは、取引先の会社に勤務しているので、会社で顔を合わすこともありかなり気まずいです」


別居中の緊急避難場所という驚きの理由もあるようだ。「夢を抱いてきた」というふうには、どうやっても見えない。


若い男女はシェアハウス内で結婚相手を見つけて出て行くケースもあるが、結婚出できない男女たちが集まり、シェアハウス内での高齢化も増えていくかもしれない。

そのまま老人ホームと化さないためにも、幸せなパートナーを見つけてもらいたいものだ。

※あわせて読みたい→【別名・婚活シェアハウス】日本最大のシェアハウスで5割の居住者が恋愛できる理由

(文/しらべぇ編集部・ニートgoma