あんパンの中にまるで「おはぎ」?小田原の名物パン店

グルメ

2016/04/20 06:00

守谷のパン6

日本が産んだグルメな発明、あんパン。その歴史は明治7年(1874年)にさかのぼり、しらべぇ編集部が実施した調査では、全体の45.0%が「好きだ」と答えた人気の菓子パンだ。

和菓子の技と西洋伝来のパンが合わさったのがあんパンだが、まさに和菓子に近い「まるでおはぎ」のようなあんパンがあると言う。


画像をもっと見る

 

■小田原ナンバーワンの名物パン店

店の名は「守谷製パン店」。JR小田原駅のすぐ近くにあり、グルメ口コミサイト『食べログ』でも小田原駅エリアで全体の9位にランクインする人気店だ。

取材班もひとつ買ってみたところ…

守谷のパン2

手のひらの半分くらいのサイズで、こんもりと丸い。きつね色に焼けたパンを半分に割ってみると…


関連記事:140年のロングセラー「あんパン」人気度は東高西低

 

■あんパンの中におはぎ?

守谷のパン5

ぎっしりと詰まったあんを薄手のパンが包んでいる。あんのボリュームが、堂々と主役であることを訴えているかのようだ。菓子パンなどと呼ぶのがもったいない、「和スイーツ」と言ってもいい。

あずきの風味が活きた粒あんは、和菓子好きにはたまらないだろう。


■懐かしのグローブみたいなクリームパンも

守谷のパン3

グローブのような切れ目が入った、懐かしい形のクリームパンも人気のようだ。中にはこちらも、カスタードクリームがたっぷり。 やさしい甘さが、味わい深い。

守谷のパン4

都会のおしゃれなパン屋さんとはひと味違う、昭和と小麦の香りがするパンを食べに出かけてみるのはいかが?

【守谷製パン店】
住所 神奈川県小田原市栄町2-2-2
営業時間 8:00〜18:00(日曜・第1第3月曜定休)

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト