梅毒患者が急増中! 感染から3ヶ月でどうなるのか医師が解説

梅毒患者は、どんどん増え続けています。

2016/04/20 18:00

梅毒
Keith Brofsky/Photodisc/Thinkstock

内科医ライターの青木マダガスカルです。フランツ・シューベルトやアル・カポネも患ったという「梅毒(ばいどく)」。

1967年以降、日本での報告数は減少傾向にあり、すでに過去の病気という感すらありましたが、ここ数年で状況が一変しています。



 

 

■どんどん増える梅毒

性感染症の原因で圧倒的に多いのは、クラミジア、淋菌、ヘルペスウイルスですが、発生件数はいずれも減少。一方、梅毒は15歳以上の全年齢で増加傾向にあり、2015年は2697件報告されました。驚くべきことに、これは5年前の4倍以上になります。


関連記事:【内科医が語る】がんは予防できる?そもそもどんな病気?

 

■これまで性感染症にかかったことがあるのは?

そこで、性感染症にかかったことがある人の割合を調べたところ、全国1353人のうち105人(約8%)が「ある」と答えました。

性別で分けると、男性9.3%、女性6.2%が性病経験者でしたが、20〜30代に限れば男女差はほとんどありません。

性感染症

一世代前とくらべ、女性が性に対して積極的になったということでしょうか。梅毒報告数の増加が著しいのも20代の女性です(5年前の約12倍!)。

次ページ
■梅毒の症状は変化する

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

調査性感染症梅毒
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング