食べ方が汚いよりイヤ!食事デートで幻滅する男の行動5選

男女

2016/04/22 18:30

ディナー
©ぱくたそ

初デートで選ばれやすいのが、食事デートだろう。美味しいお酒を飲み、料理をつまみながらお互いのことを話せば、それだけで楽しいひとときを過ごせて仲も深まる。

それはあくまでも、食事の席で女性に幻滅されるようなことさえしなければ…の話だが。しらべぇ取材班は、食事デートで男性がどんな行動をしたらドン引きするのか、5人の女性たちに話を聞いてみた。



 

①自分が吸いたいからと喫煙席を指定

「私はタバコを吸わないけれど、彼は吸う人だった。レストランに行って『禁煙席or喫煙席』を聞かれると、私の意向も聞かずに迷わず喫煙席をチョイス。


タバコの煙って禁煙者からしたらそれだけで気持ち悪くなるし、さらに食事の席だと料理の味もまずく感じられる。


相手が禁煙者なら、せめて食事の席くらいは禁煙席を指定してほしい。吸いたくなったら、携帯灰皿を持って外に行けばいいことだよ」(Mさん・25歳)


関連記事:LINEのハートマークは要注意!約3割の女性に驚きの理由が

 

②好き嫌いを人にも押しつける

「食べ物の好き嫌いがひどかったな。メニューを見ながら『これ食べたい!』って言うと、『うーん。俺はハーブってダメなんだよね…』、『うわっ。トマトかぁ…』など。


あれもダメこれもダメで、結局注文できるものはごくわずか。さらにコッテリ系ばかりにかたよってた」(Tさん・26歳)


③産地へのこだわりが異様

「彼は知識を披露するのが大好き人間。お店で店員さんに『このジャガイモはどこの産地なの?』『あ〜北海道かぁ。邪道だな。意外と知られていないけれど、鹿児島のほうが美味しいんだよ』とか。


ここまででもウザいけど、さらに店員さんに腕組みしながら『なんで鹿児島産にしないの? こんないいお店なのにもったいないよ〜』って偉そうに言ってて。そんなのが毎回だった」(Fさん・29歳)


④不愉快な食事作法

「元彼はすごいイケメンだったけれど、食事作法が残念な人だった。食べるときにクチャクチャ音を立てたり、食べカスが口のまわりについていたり


さらに、彼が朝起きて一発目にやることは枕元に置いてあるスナック菓子を食べること。ベッドの中で、まだ目も半開きで口がヌチャヌチャな状態で食べているのをみて、吐き気がした」(Hさん・30歳)


⑤店員さんを呼べない

「食事デートで『情けない…』と思ったのは、店員さんが呼べない人。すだれで区切られている半個室の居酒屋だったのだけど、彼は恥ずかしかったみたいで『俺は喉が痛くて大声出せないからちょっと呼んで』って言われた。健康そのものだったのに。


あと普通のお店でも、彼が『すみませ〜ん』って叫んでも、覇気がないのか店員さんが全然気づいてくれなくて。なんだか頼りない人だなって思った」(Nさん・21歳)


食事デートは一歩間違えれば、即退場のレッドカードを巻き起こす危険性もあるようだ。女性は、男性が気づかぬところまでしっかりチェックしている。男性諸君は、食事デートだからこそ油断せずに挑んだほうがいいかもしれない。

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん