ツメや鼻くそを保存している人の意外な特徴とは

ライフ

2016/04/25 21:00

KOICHI SAITO/amanaimagesRF/102765832/Thinkstock
KOICHI SAITO/amanaimagesRF/102765832/Thinkstock

昨年、爆笑問題らが所属するタイタン社長の太田光代が、自分のツメをビンに詰めて保存していることを明かし、「怖い」、「グロイ」などと話題になった。

さらに『進撃の巨人』作者である諫山創氏も、同様にツメを長年保存していることで有名。変わったものを収集する人がいるのはわかるが、人間の身体からでる不要なものを保存しておく心理は、一見理解しがたいものがある。

実際のところ、ツメや鼻くそなどを保存している人はどのくらいいるのだろうか?


 

■3、40代男性の1割近くが…

真偽を確かめるべく、しらべぇ編集部では全国の20代から60代の男女に「爪や鼻くそなどを保存しているか」聞いてみた。

shirabee04255

結果、「している」と答えた人は各世代で1割未満であることが判明。やはり不要なものを保存している人は極端に少ないよう。世代別に見ると、もっと多く集めているのは30代男性で9%程度。40代男性がそれにつづく。

どうやら、ツメや鼻くそなどを保存している人が多いのは中年男性のようだ。


 

■元ヤンキーほど保存

数少ない爪や鼻くそなどを保存している人の「ヤンキー経験」について調べてみると…。

shirabee042552

なんと、3割が経験ありと回答。元ヤンキーは当時の茶髪やパーマのかかった髪の毛などを記念として保存し、魂を忘れないようにしている人が多いのかも。


■どのようなものを保存しているのか

実際に保存しているという人に聞いてみると…

「某芸能人が子供の鼻くそを成長の証として保存していると聞いて、『私もやりたい』と思って我が家でも実践するようにしています。20歳になったときに渡すつもりですけど、受けとってくれるか不安」(20代女性)

「へそのごまを取り、日付の入った袋に入れて保存しています。とくに理由はないけど、成長の記録として残しておきたいので。ただ、変な趣味であることは自覚しているので嫁には内緒にしています」(40代男性)

「彼女の陰毛をもらって財布の中に入れてます。賭け事や仕事運が向上すると言われているので。万馬券を当てたこともありますよ」(30代男性)

世の中にはやはり人間の不要なものに執着し、保存する人が確実に存在する。あなたのまわりにも、そんな変わった人が存在しているかもしれない。

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

qzoo

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日
対象:全国20代~60代の男女1352名

あなたにオススメ