割り勘よりイヤ!「お会計」で男性にドン引きした瞬間

男女

2016/04/28 18:00

怒る
bee32/iStock/Thinkstock

男女が食事をしたときに問題になるのが「お会計」だろう。「おごってくれるのか」「割り勘にしてもいいのか」という、笑顔の裏にお互いの探り合いが出る気まずい瞬間でもある。

そんなお会計の場では、さまざまな事件も起こるようだ。しらべぇ取材班は、お会計のときに男性にされて不愉快だったことを女性たちに聞いてみた。



 

①クーポンを忘れて駄々をこねる

「食事デートでクーポンを使う男がそもそもイヤだけど、その人はさらにクーポンを忘れて店員さんに駄々をこねてた。『家にクーポンを忘れてきちゃって…あるってことにしてもらったらダメですか?』『明日持ってくるんでダメですか?』って。


もちろん断られたんだけど、お店出たあとも『うわ〜。損した』ってずっとグチグチ言っていた。この瞬間に、もうないなって思った」(Kさん・28歳)


関連記事:女子が警告!「男友達」にされると縁を切りたくなる行動6選

 

②エスパーかもしれない

「会計のときに、彼はもうお金を手に握ってて『俺が払うよ』っておごりの姿勢を見せてくれていたんですよ。でも申し訳ないから、急いで半額を財布から出して渡したの。もちろん、その間に彼は財布をいじっていないですよ。


そのあとすぐに店員さんがきたんですが、彼がもともと自分が握っていたお金と私が渡したお金を渡したら、なんとピッタリ合計金額。


『俺が払うよ』なんて言いつつ、最初から手に握っていたお金が会計の半額だったんです」(Hさん・27歳)


③元はとってやるぜ!

「1件目の食事は彼がおごってくれて、『申し訳ないから半分払います…』と伝えたら、『ここはいいよ。じゃあ、2件目おごって』って。


2件目がBARで、お酒だったらそんなにかからないから『気遣いができる素敵な人だな』と思いました。


しかし、いざ行ったら彼はお酒をガブガブ飲んで、次から次へと勝手にオーダー。『お酒好きなんですね』って言ったら、『そうでもないけれど、たくさん飲んで1件目で支払ったぶんの元はとらないとね』って笑顔で。


結局お会計は、1件目の食事の倍以上かかりました」(Kさん・28歳)


④新手の詐欺師

「男友達に『男3人で飲んでいるから来て。俺の顔をたてるためにお願い! おごるから!』って言われて行ったんです。


でも、行ったときにはもう皆ベロンベロンで、女の私がきたらセクハラ三昧…。さらに、お会計のときに『おごるから!』って言っていたのに、『はい、5000円払って』って。


私はお酒が飲めないから、そのお店ではなにも飲んでいないし、おつまみすら食べていないのに。キャバ嬢みたいに扱われて、皆がドンチャンした分の会計まで負担させられて、悲しかった」(Rさん・26歳)


お会計に関する問題は、一歩間違えれば信頼をなくしたり縁が切れたりすることもあるようだ。男性諸君は見栄を張っておごる必要はないが、女性が不愉快になるようなお金の支払い方をさせるのだけはやめたほうがいいだろう。

※あわせて読みたい→女子が警告!「男友達」にされると縁を切りたくなる行動6選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん