ロッテリアの全具材を一気食い!「全部のせバーガー」がヤバい

グルメ

2016/05/01 20:00

根強い人気を誇るハンバーガーチェーン、ロッテリア。てりやきバーガーにリブサンドポーク、エビバーガーなど、人気のメニューは多い。

いっそのこと、全部頼んでしまいたい! でも、何個も食べられないし、一度にいろんな味を楽しめなたらいいのになあ…。そんなワガママ客の要望に応えて、ロッテリアで「全部のせバーガー(1350円)」が復活したという。


画像をもっと見る

 

■全部のせバーガーって?

2016年5月31日まで期間限定で販売される「全部のせバーガー」。

sirabe20160510zenbu01
画像は「ロッテリア公式サイト」からのスクリーンショット

エビ、リブ、絶品チーズなど4種のパティ。トッピングには半熟たまご、ベーコン、スライストマトなど7種。それにてりやき、マヨネーズ、うまみートソースといった6のソースを合わせ、バンズで挟んだ贅沢なバーガーだ。


関連記事:【弁護士コラム】写真より具が少ないハンバーガーは法律違反?

 

■いざ、ロッテリアへ!

sirabe20160510zenbu02

実際、どんなものなのだろうか。確かめるべく、取材班はロッテリア横浜相鉄ジョイナス店を訪れた。

レジを担当したクルーの女性の話では、その日レジを担当してから3、4回注文を受けたそうだ。1350円は決して安価とは言えないが、一度は食べてみたい人は多いようだ。


■その大きさに唖然…

sirabe20160510zenbu03

目の前にドンっと置かれた「全部のせバーガー」。手に取ってみるとズシリと重い。とてもハンバーガーとは思えない。

sirabe20160510zenbu04

包み紙を慎重に開き、ご対面。

sirabe20160510zenbu05

イメージ図とは異なるが、その存在感はたしかなもの。かぶりつくと一口で満足感があり、凄まじく肉肉しい! 食べる前は多くの味が混じり合って喧嘩するかと想像していたが、意外にも味はまとまっている印象。

それどころか、一口また一口と食べ進めていくと、「これはリブ」「今度はエビ」という風に主役となる味、食感が変化していくので飽きがこなかった。

味に関しては好みの差がもちろんあるし、イメージ図と違うビジュアルに不満をもつ人もいるだろう。それでも、がっつりと色々な味のハンバーガーを食べたいとき、たまには「全部のせ」も悪くないのではないだろうか。

・あわせて読みたい→マニアが語る「モスバーガーで女子を落とす5つのテクニック」

(取材・文/しらべぇ編集部・サバマサシ 参照/ロッテリア公式サイト