福山雅治『ラヴソング』の視聴率が爆死!その理由はやっぱり…

エンタメ

2016/05/13 21:00

ラブソング
(画像は『ラブソング』公式サイトのスクリーンショット)

9日に放送された福山雅治主演月9ドラマ『ラヴソング』の視聴率が、8.4%だったことが判明。これは月9ドラマとしては非常に低い水準で、平均視聴率過去最低を記録した『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』を下回るペースだ。

フジテレビとしては人気が高く、視聴率のとれる福山雅治を主演に据えたが、思わぬ「爆死」となってしまった。


■福山の結婚が影響?

爆死の大きな要因とみられるのが、福山雅治の結婚だ。吹石一恵との婚約のニュースが流れた際には、会社を休むなどショックをうける女性が続出。ファンが離れたといわれる。

そのような背景がある上、ヒロイン役が無名の藤原さくらを抜擢したことなどから、低迷は「予想通り」とする意見も。

また、月9ドラマは最近かつてのように高視聴率を獲得することができなくなってきており、現実とかけはなれた恋愛をえがく物語の内容に「飽きた」と感じる人も多いようだ。

https://twitter.com/raioooon/status/726721695159984128


■今後ますます視聴率が低迷する?

『ラヴソング』は初回以降一桁台の視聴率が続き、視聴者の少ないドラマというイメージが定着しつつある。

タイトルを知らず「福山雅治の低視聴率ドラマ」と認識する人も増加しており、ますます率が下がる可能性もあるほか、既存の視聴者も離れてしまう負のスパイラルが発生する危険性も。

ちなみにしらべぇ編集部の調査によると「好きなテレビドラマであっても、視聴率が低いと、観る気がしなくなると思う」と答えたのは1割程度。

shirabee0513

データをみるかぎり既存の視聴者が離れることはなさそうで、制作側としては少々安心できる数字か。しかし、新しい層の取り込みについてはネガティブなイメージがついているだけに難しいだろう。


■視聴者の声は

実際にドラマを視聴している人に話を聞いてみると…

「出演者は豪華だし、音楽もいいなあとは思うのですが、肝心のストーリーが面白くない。すべてが予想通りで、ベタベタな展開に感じます。それは月9ドラマすべてにいえますけど」(30代男性)

「個人的には楽しく視聴していますし、内容もいいと思っています。低視聴率なのは、リアルタイムで見る人が減って 録画をしているからじゃないですか? 一度見ればハマるはずです」(40代女性)

福山雅治はこの逆境をはね返すことができるだろうか?

・あわせて読みたい→福山雅治は過去の人?今の20代男子が憧れる男性芸能人は…

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

qzoo

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年8月21日~2015年8月24日
対象:全国20代~60代の好きなテレビドラマがある人864名(有効回答数)