カルピスとの相性バツグン!最強のヨーグルトアレンジ3選

ヨーグルトアレンジ

腸内環境によいとされるヨーグルト。最近では、腸内環境は身体の免疫や脳、心の病にも影響があるという研究結果もあり、ヨーグルトの存在感はますます増している。

しらべぇ編集部では、そんな健康によく身近でもあるヨーグルトをさらに楽しめる話題のアレンジを3つ試してみた。


①定番の「マシュマロのヨーグルト漬け」

マシュマロメーカーも、ヨーグルトメーカーも紹介する定番アレンジ。ヨーグルトにマシュマロを数個入れて、ラップをして一晩寝かせる。

ヨーグルトアレンジ

一晩経つとマシュマロがかなりしっとりするので、それをヨーグルトと混ぜると、ほわほわとした食感のあるヨーグルトに。

ヨーグルトアレンジ

マシュマロのを小さくちぎって入れるとムース感がさらにアップするので、そちらもおすすめ。


②カルピスがけヨーグルト

ヨーグルトアレンジ

カルピスを販売している「アサヒ飲料」でも紹介されているこのアレンジ。作り方は簡単で、ヨーグルトにカルピスをかけるだけ。味見しながらお好みのバランスに調節するのがポイントだ。

ヨーグルトアレンジ

こちらは寝かす必要がなく、即席でできるのも嬉しいところ。

ひとえに乳酸菌といっても種類があり、ヨーグルトによっても異なる。そのため、自分の体質に合うヨーグルトを選ぶのがいいと一般的に言われている。

菌という点で考えると、カルピスがけは一度に二種類は摂取することが可能だ。ヨーグルト味のカルピス飲料なども販売されているが、「酸味や乳酸菌系食材が好き」という人にはとくにおすすめのアレンジだ。


③ドライフルーツのヨーグルト漬け

ヘルシー度がすこぶる高いアレンジ。一晩あんずをヨーグルトに漬けると、味がジューシーに! ヨーグルトは水分が減り、濃厚になる。

ヨーグルトアレンジ

しらべぇでは以前、これのドライマンゴバージョンもご紹介しているので、マンゴー好きはそちらも試してほしい。

・合わせて読みたい→ドライマンゴーを一晩ヨーグルトに漬けたら超ウマい生マンゴーヨーグルト的なものが完成

(取材・文/しらべぇ編集部・大空美南

あなたにオススメ