SMAP中居の「神チャーハン」に舌鼓!3度目の被災地訪問

男女

2016/05/16 17:30

egaAEK/iStock/Thinkstock
egaAEK/iStock/Thinkstock

15日、SMAPの中居正広が香取慎吾とともに熊本地震の被災地を訪れ、炊き出しなどボランティア活動を行なった。


■住民からは歓声が起こる

中居が被災地を訪れるのは7日の訪問に続き、今回で3回目。前回は「ニンテンドーDS」を差し入れて話題となったが、今回は自らフライパンを振り、チャーハンを作って被災者たちに振る舞った。

国民的スターの手料理とあって現場は大興奮。写真撮影にも応じたようで、Twitter上にはサングラス姿のふたりの写真や、笑顔でピースサインを見せる姿が確認できる。

https://twitter.com/GTT214/status/731847862384922624

解散騒動で一時は大きく人気を落としたと指摘されるSMAPだが、幾度にもおよぶ支援活動で、意図せず人気を回復する可能性も出てきそうだ。


■男の手料理

ところで、今回中居がチョイスした「チャーハン」とは、なんとも絶妙な食べ物ではないだろうか? 残りものの食材で作ることができ、調理も簡単である一方、腹持ちも悪くない。

一方でフライパンが重いと女性には大変で、そのような意味では「男メシ」の代表格でもある。

しかし、あまりに身近な食べ物なので、過小評価されがちな嫌いもある。しらべぇ編集部が過去に調査した結果、「ラーメン屋でチャーハンが付属扱いなのが許せない」と答えた人はたった6.9%に過ぎなかったのだ。

いかに「取るに足らない料理」と認識されているかがわかる結果だ。

sirabee160516nakai

我々は普段、高級なものや素材が厳選されたものを評価しがちだが、時に「取るに足らない料理」が人の心を動かすこともある。SMAP中居が振る舞った「神チャーハン」は、そのような意味で「他には代えがたい」と言えるだろう。

・合わせて読みたい→日本酒の宝「熊本酵母」は守られた!酒蔵には甚大な被害も

(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

qzoo【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日 
対象:全国20代~60代の男女1371名(有効回答数)