来月総選挙のAKB48 「どうでもいい」人の割合に愕然…

AKBには正直飽きた
(画像はAKB48総選挙HPのスクリーンショット)

今年で10周年を迎えるAKB48。2006年6月、ミュージックステーションに「スカート、ひらり」で全国初出演し、この10年で「国民的アイドル」へと成長した。

しかし、最近ではTwitterでも「AKBはオワコン」「AKB終焉」といったツイートが散見される。

https://twitter.com/yyy_tun0/status/723464498833707008

https://twitter.com/kaitoueiji/status/727124543744004096

3月9日発売の10周年記念シングル「君はメロディー」で、前田敦子や大島優子といったOGメンバーを起用したことが、このムードに拍車をかけているようだ。


■「国民的アイドル」に暗雲が…

そこでしらべぇ編集部が、全国の20代~60代の男女1348名を対象に、「AKBグループには、正直飽きた?」という質問をぶつけたところ、全体の6割が「AKBグループには飽きた」と回答。

AKBには正直飽きた

飽きた人が過半数を超え、「国民的アイドル」と呼ぶにはあやしい結果となってしまった。

同グループのプロデューサー秋元康氏の言葉に、「AKB48とは、高橋みなみのことである」というものがあるが、AKBグループを支えた彼女は、この4月に卒業している。2代目総監督である横山由依にとっては、まさに逆境からのスタートだ。


■同性からの支持率が低迷 

性年代別の調査結果では、男性はどの世代でも半数程度の票が集まる結果に。男性週刊誌の表紙やグラビアに起用されているのも、まだ支持率を維持している一因だろう。

AKBには正直飽きた

しかし、女性の結果が芳しくない。同性のファンが多いであろう20~30代においても、70%近くが飽きている。AKBグループが女性ファッション誌の表紙を飾ることが少なくなったのは、この影響なのだろうか。


■さらに草食系の人たちは…

さらに調査を進めると、草食系の人たちは肉食系の人たちに比べ、AKB離れがより深刻なよう。

AKBには正直飽きた

リアルの恋愛に勇気を踏み出せないからアイドルのファンに、という流れはもう廃れてきているのかもしれない。


■そんなAKBグループの選抜総選挙は6月18日開催

今年で8回目となるAKBグループの選抜総選挙。ただ、上位3名の顔ぶれは2012年から変わっていない。君臨するのは、指原、柏木、渡辺だ。

この上位3人の牙城を崩せるメンバーは現れるのか。来月に控えた今年の総選挙の動向と、それに対する世間の反応に注目だ。

(文/しらべぇ編集部・ワダノヒトシ

・合わせて読みたい→AKB48を卒業するべきではなかったのは誰?悲しすぎる結果に…

qzoo【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日 
対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)


あなたにオススメ