もっとも「おじさん化」したジャニーズは誰?V6森田を超えた1位は…

(画像は公式サイトのスクリーンショット)
(画像は公式サイトのスクリーンショット)

昔、アイドルは若い男女がなる仕事であった。しかし、平成の今の世では価値観が変わり、40代になっても現役アイドルとして活動し続けている人々がいる。とくに、男性アイドルを抱えるジャニーズにそのような人は多い。

しかし、幼い頃からその姿を知っているせいか、ときに「さすがにおじさんになっちゃったな…」とファンが内心感じることもあるようだ。

しらべぇ編集部では、「もっともおじさん化したと思うジャニーズメンバー」を、全国の男女1350名に選んでもらった。そのトップ5を発表しよう。


■第4〜5位:ジャニーさんに愛されたあの若手も

sirabee160530jyani02

5位は滝沢秀明。ここ最近はすっかりメディアでの露出が減ってしまった彼だが、主演舞台「滝沢演舞城」は開始から10年が経った今もなお人気。

第4位はKinKi Kidsの堂本剛。『金田一少年の事件簿』(日本テレビ)の初回放送から20年以上が経過し、見目麗しかった美少年も、今では独特の世界観でコアなファンを集めるアラフォーミュージシャンへと進化した。


■第2〜3位:被災地支援で注目されたあのリーダーも

sirabee160530jyani04

3位はSMAPの中居正広。一時は解散・独立騒動でグループ自体の人気も下がったと言われたが、熊本地震の被災地での炊き出し活動の影響もあり、評価アップ。

自身が司会をつとめる番組『金曜のスマイルたちへ』(TBS)で、不倫騒動で休業を余儀なくされていたベッキーが復帰した際も、うまく彼女の本音を聞き出し、名司会っぷりが絶賛された。

2位はV6・森田剛。三宅健らとともに中性的なイメージが強かった森田も、ここ数年ですっかり渋さを増した。しかし、徐々にシフトしている俳優業は評判がよく、出演した映画『ヒメアノ~ル』では殺人犯役を熱演。違う形でファンを魅了し続けている。


■圧倒的大差で1位になったのは…

sirabee160530jyani05

結果、5人の中でダントツの1位になったのはTOKIOのリーダー城島茂。今やアイドルというよりも、「農業している人」「すごくこだわってラーメンを作っている人」「重機を運転している人」のなどのイメージの強い彼。

メンバーからも「おじいちゃん」といじられることもあってか、一番「おじさん」だと判定されたようだ。年齢的にも5人の中でもっとも上なので、ファンとしても納得のいく結果なのではないだろうか?

以上がジャニースおじさん化ランキングである。いくつになっても体をはり続け、多くの人々を楽しませるそのプロ意識こそ、アイドルにとって一番大事なものかもしれない。

・合わせて読みたい→結婚報道が出ても許せるジャニーズは誰?第1位は熱愛で噂の…

(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

qzoo【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日 
対象:全国20代~60代の男女1350名(有効回答数)