しらべぇ

右翼と左翼どちらが気持ち悪い?6割が選んだ答えは…

人間関係

デモ

ericcrama/iStock/Thinkstock

 

日常会話の中で、「政治と宗教の話」を出すのはマナー違反とされる。考え方が違う人が確実に存在し、無用な議論や対立を招きやすいためだ。

しかし同じ人と人とのコミュニケーションでも、ネット上では政治的な主張や過激な発言、ときに罵詈雑言とも思える言葉の応酬が見られる。

匿名掲示板や半匿名のツイッターだけでなく、実名制のFacebookにおいてもだ。

「ネトウヨ」「パヨク」といった揶揄やレッテル貼りを目にする機会も多く、SNSが普及する前よりずっと日々の中で「政治的な主張」に触れる機会が増えているかもしれない。

こうした状況の中、人は右寄り・左寄り、どちらの主張をする人たちにより不快感を覚えているのだろうか?

 

■「左翼が気持ち悪い」がやや優勢

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1365名を対象に「どちらがより気持ち悪いか」を調査したところ、およそ13ポイント差で「左寄りの主張をする人が気持ち悪い」という結果に。

右翼と左翼1

政治思想は個人の自由だが、左寄りの人は「自分の主張が嫌われる可能性が(右派よりも)やや高い」ということを意識したほうがいいかもしれない。

 

■「右派嫌い」が過半数なのは60代男性だけ 

男女・世代別ではバラつきが見られたので一部を抜粋すると…

右翼と左翼2

「左翼嫌い」がもっとも顕著だったのは20代男性と30代女性。6割以上が「左寄りのほうが気持ち悪い」と回答した。

また、「右寄りのほうが気持ち悪い」という答えが5割を超えたのは、60代男性のみ。次いで50代女性の割合が高くなった。

これ以外のすべての世代は、全体平均(右嫌い:43.6%/左嫌い:56.4%)と最大2%以内の差にとどまっている。

 

政治思想のみならず、悪意や差別など負の感情もあらわになることが多いネットの世界。それがリアルにまで進出するような社会はおぞましい(ヘイトデモやそのカウンター活動など、そうした傾向も見られる)。

しかし、たとえネットの中だけだとしても「対面で言えないような主張」は、その思想自体への嫌悪感につながりかねない。

・合わせて読みたい→ネトウヨってどんな人?「言葉責め」好きな変態の傾向も

(取材・文/しらべぇ編集部・盛山盛夫

qzoo調査概要】
 方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代男女1,365名(有効回答数)

関連記事

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集