今年の夏はエアコンいらず?使える暑さ対策を発表

ライフ

2016/06/05 06:00

©ぱくたそ
©ぱくたそ

夏が暑いのは当然だが、温暖化のせいか年々暑くなり、インドでは今年5月に最高気温51度を記録したという。日本でそこまで暑くなることはないだろうが、5月時点ですでに30度を超す日もあり、7月や8月の暑さを想像するとうんざりする。

しかも今年の夏はラニーニャ現象の影響で、過去最高の暑さを記録した2010年と同じレベルの猛暑になるのではないかと予測されているのだ。

そこで猛暑をまぎらわせる方法を調査したところ、多くの人からアイデアが集まったので、とくに有効そうなものを発表しよう。


①初心者は涼しい施設に行く

暑い夏にはやはり、エアコンが一番効果的なよう。全体的にみれば、「図書館へ行く」「ショッピングモールで一日遊ぶ」「映画館に行く」など、エアコンの効いた施設に避難すると答えた人が多かった。

自宅のエアコンを使い過ぎると光熱費が高くなるので、省エネしながら暑さ対策するにはいいアイデアだ。


②中級者は水風呂は鉄板

一方で、原始的な方法に頼る人も。

「お風呂に水をいれて、浸かってからだを冷やす」(50代・男性)


「テラスでタライに氷水をはり、そこで行水する」(50代・男性)


新入社員の時期にバブルを経験した年代の男性たちは、なぜか水風呂を好む様子だ。バブル景気のころ急激に数を増やした風呂といえば、露天風呂。

ベランダや庭にタライなどを持ちだして、露天水風呂気分を味わえば、さぞ涼しさと開放感を味わえるだろう。

「バスタオルを適度に濡らし、上半身裸になって羽織り、扇風機を弱で首振りで運転する」(60代・男性)


と、水風呂には浸からないまでも、水の気化熱を利用した避暑法もあった。ただし、タオルを濡らし過ぎると床が水浸しになるので、あくまでも「適度に」を心がけるのがよさそうだ。


③上級者はハッカ油

とくに注目したいのはこのアイデア。

「ハッカ油スプレーを首の後ろなどにかける。震えるほど寒くなる」(30代・女性)


ハッカ油は薬局へ行けば1000円ほどで手に入る。ハッカスプレーの作り方は、水90mlにハッカ油数滴、そこに無水エタノール10mlを混ぜ、スプレーに入れるだけ。

無水エタノールも薬局で買えば500mlで1000円程度だから、2000円もあれば50Lのスプレー液ができる

首の後ろにかけるほか、服にスプレーすればひんやりする。また、風呂に数滴入れれば、なぜか涼感を感じられる。さらに入浴後に扇風機にあたれば、凍えるほど涼しく感じるので、危険にならない範囲でぜひやってみてほしい。

・合わせて読みたい→「ああ~」に続く歌といえばランキングTOP5! 3位『あー夏休み』を抑えた2強は?

(取材・文/しらべぇ編集部・上江洲規子

qzoo調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1378名(有効回答数)