しらべぇ

無職・ニートだけじゃない!「職業を聞かれて嫌な人たち」の声

ビジネス

職業を聞かれる

©ぱくたそ

 

お仕事は、なにをしてるのですか?

 

会話の糸口として何気なく聞いたつもりかもしれないが、実はかなりデリケートな質問である。

しらべぇ編集部では「人から職業を聞かれるのは嫌い」かどうかについての調査を実施した。その結果、聞かれたくない人は全体で30.7%にも。

職業を聞かれるのが嫌グラフ

職業を聞かれるのが嫌いな人は一定数いる。今まで気軽に職業を聞いていた人は、注意をしたほうがいいだろう。

 

■職業を聞かれて嫌なのはもちろん…

職業別でみると、明確な差が。

職業を聞かれるのが嫌職業別グラフ

一番少ないのは会社員で、3割を切っている。仕事に就いていれば聞かれても答えやすく、少ないのも当然だろう。

一方で一番多いのは無職・家事手伝いで、半数に迫る割合に。働いていないことを後ろめたく思っている人に、職業を聞くのは酷な話である。

 

■非正規雇用や無職の気持ちも考えて!

なぜ、職業を聞かれるのが嫌いなのだろうか? 年々増加している非正規雇用の問題が、こんなところにも影響をしているのだ。

派遣社員だから」(男性30代)

 

フリーターだから」(男性30代)

 

さらには調査結果のとおり、職業を聞かれるのは最もつらい人たちが。

ニートだから」(男性20代)

 

無職なので」(男性40代)

 

■自分の仕事に満足をしていない人も

自分自身が現在の職業に納得をしていない人も、答えたくないという。

つまらない職業なので」(男性30代)

 

大学卒業したのに、パートや内職ではねえ」(女性50代)

 

仕事を言ったところで他人には理解しにくい場合にも、聞かれるのは嫌なようだ。

一般的ではない職種で、説明が面倒だから」(男性30代)

 

働いているのに『働いていない』と言われる職業だから」(女性40代)

 

■「人の詮索をするな!」と怒りの声も

そもそも仕事はプライベートなことだから、聞いて欲しくないとの声も多い。

プライバシーだから」(女性40代)

 

自分のプライベートに踏み込まれるのは嫌」(女性30代)

 

中には仕事を探る相手に、不信感を抱く人も。

職業で人を判断されそう」(女性30代)

 

他人に探りをいれるような相手は信用できない」(男性30代)

 

そんな人は仕事を聞けば、さらに探りを入れるだろう。

その後の質問がうざい」(女性40代)

 

■主婦もつらい思いをしている

時代の変化で、専業主婦でも肩身が狭く感じている。

主婦というと、気楽でいいねといわれるから」(女性30代)

 

主婦であることが、うしろめたい」(女性30代)

 

仕事の話をしたいのなら、関係が深まってからにしたほうがよさそうだ。

・合わせて読みたい→「美容師に聞かれたくないことランキング」から見えた、どうでもいい会話の重要性

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

qzoo【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,378名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集