ベッキーと矢口の不倫はどっちが悪質?意見が割れた原因は…

2016/06/07 05:59

ベッキー
画像はTwitterのスクリーンショット

ゲスの極み乙女の川谷絵音との不倫発覚により、CMや番組を降板し、5月13日の『金スマ』でテレビ復帰したベッキー(32)。

一方、女性芸能人で「不倫の大先輩」と言えば、2013年に自宅不倫の現場を夫に目撃された矢口真里(33)だ。矢口は、これが原因で当時の夫だった中村昌也と離婚。その後、およそ1年半の休業を経て2014年10月に芸能界に復帰した。

今では、バラエティ番組やテレビCMにも出演し、AbemaTVでは冠番組まで持っている。


画像をもっと見る

 

■どちらの不倫が悪質か?

人妻でありながら浮気相手を自宅に連れ込み、あろうことか夫にその現場を目撃された矢口。かたや、当時新婚だった男性の実家にまで訪れ、結果的に夫婦が離婚する引き金になってしまったベッキー。

世間は、どちらの不倫がより悪質だと考えているのだろうか? しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1378名に調査を実施した。

不倫1

男女とも7割前後が「矢口がより悪質」と回答。独身女性が既婚者と不倫するケースと比べて、「人妻の自宅不倫が夫にバレる」という事態の深刻さゆえと考えられる。

しかし、この5ポイント前後の男女差を、よりくわしくひもといてみよう。


関連記事:ベッキーの暴走は事務所も止められない?芸能通「岡本夏生よりタチが悪い」

 

■既婚女性は「泥棒ネコ」に嫌悪感?

男性で「ベッキーのほうが悪質」がもっとも少なかったのは20代と40代。ともに2割台前半だ。男性にとっては「裏切る妻」という存在への潜在的な恐怖心や嫌悪感があるのだろう。

不倫2

一方で、平均でも男性より「ベッキー悪質派」が多かった女性は、3、40代がもっとも高く、「40代既婚」に限れば4割以上がベッキーにより嫌悪感を覚えている。

家事や子育てをしながら家庭を守っている(共働きを含む)女性たちは、自宅に男を連れ込む人妻よりも、家庭を壊す恐れのある独身女性を強く憎むのかもしれない。


■テレビ復帰は「女性の印象」が第一

7割以上が「ベッキーより悪質」と考える矢口真里でさえ復帰し、冠番組を持てる芸能界。先月復帰したベッキーも「スカパー!」でのレギュラー復帰が報じられており、本格的にテレビで見られる日も遠くないと思われる。

しかし、テレビメディアがもっとも重要視する視聴者は「F層」と呼ばれる女性たち。彼女らにいかに許されるかが、今後の活躍を大きく左右する。

・合わせて読みたい→ベッキーや乙武氏を責められない? 「バレなきゃ不倫OK派」が多すぎ

(取材・文/しらべぇ編集部・猫山ニャン子

qzoo調査概要】
 方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代男女1,378名(有効回答数)

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

不倫テレビ浮気矢口真里ベッキー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング