ファンキー加藤のW不倫に痛烈な指摘「下半身は感謝を忘れる」

ファンキー加藤
画像はTwitterのスクリーンショット

7日発売の『週刊女性』が、元ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤のW不倫を報じた。相手は、お笑いコンビ・アンタッチャブル柴田英嗣の元妻で、現在加藤との子を妊娠しているという。

報道によると、加藤と柴田の元妻の不倫がきっかけで、柴田と元妻は昨年5月に離婚が成立したそうだ。生まれてくる子供については認知をし養育費を支払っていくことになるといい、妻と離婚はしないという。


 

■ファンキー加藤のW不倫に失望した? ネット民の反応は

しらべぇ編集部では、この報道についてアンケートサイト「マインドソナー」を使って、ネットユーザーの意見を聞いてみた。すると…

ファンキー加藤

加藤のW不倫、そして相手を妊娠させたことに対し、全体で約3割の人が「失望した」と回答。もう少し失望の声が多いかと思いきや、ネット民はそうでもない様子。

今年に入り芸能界では、ゲスの極み乙女。の川谷絵音&ベッキーや桂文枝&紫艶など、いくつか不倫が報じられた。それに慣れてしまったのか、あまり驚きがないのかもしれない。

だが、Twitterを見てみるとユーザーから困惑の声も聞こえているのも確かだ。

https://twitter.com/paaruu441/status/740072868021571584


関連記事:舛添都知事が記者会見 「不適切だが違法ではない」の超理論

 

■業界関係者が語る「アーティストが不倫をしてしまうわけ」

また編集部では、音楽業界でクリエイターとして働く30代男性に、なぜアーティストの不倫の話題が絶えないのかを聞いてみた。

「結局、みんなピーターパンなんです。いつまでも大人になれないで、夢をみている人が多い。あと、すごいクリエイターほど性欲が半端ないんですよね。


ゲス川谷さんのケースを見ても、元奥さんは売れない時代に彼をサポートしていた。才能に惚れて手伝ってた身内の人間に手を出して結婚→売れて不倫、というのが王道のパターンですよ。


不遇の時代を支えてくれた感謝の気持ちと恋愛の気持ちは別物ってことなんです。下半身はすぐに感謝を忘れるんですよ。ファンキー加藤さんと川谷さんでバンドやるべきですね、っていうのは冗談ですが…」


才能あるアーティストは「芸の肥やし」として、不倫さえも考慮してあげなければならないのか。

だが、生まれてくる子供のことを考えると謝罪で済まされるものではない。その子の人生を、加藤はどう見守っていくのだろうか。

・合わせて読みたい→長友佑都と平愛梨の「でき婚」ならアリ?経験者が語る問題点

(取材・文/しらべぇ編集部・chan-rie