はみ出る旨さ!新橋の名店「おくとね」のまいたけ天そば

コラム

2016/06/15 10:00

立ち喰い蕎麦大好き芸人の三拍子・高倉です。新橋はサラリーマンの街とあって立ち喰い蕎麦激戦区。その中でも他の店にはないインパクトのあるメニューで勝負しているのが新橋ビル1号館地下にある「おくとね」だ。

高倉


看板には3つのこだわりが書かれている。

高倉
中でも気になる「極上! 奥利根舞茸」の文字。奥利根とは群馬県にある舞茸の産地なのか。そして店名の「おくとね」はそこから来ていることがわかる。ということは、まいたけ天そばがウリの店、まいたけ天そばを提供したいが為に始めた店ではないのか? 期待がかかる。迷わず食券を購入して待つこと約2分。

高倉


まいたけ天そば到着。器からはみ出るまいたけ天に思わず「まいたけ〜!」と人差し指を振りながら言いそうになる。麺は冷凍麺。ツルツルでコシがあり旨い。旨くてスピーディ、なおかつ廃棄も出ないので最近導入している店が増えてきている。

高倉


そしてつゆにホロホロと溶けたまいたけ天と一緒に麺を啜ると、まいたけの風味がフワッと口の中に広がり最高にそばらしい(素晴らしい)。

そのまま食べ続け最後はつゆ。ここにきて他の二つのこだわり「本格土佐かつお節」「アルカリイオン水」の本領発揮。細かくさかれて揚げられた舞茸から出る出汁が加わり絶品舞茸スープに。スープも完飲。

こだわりもはみ出す美味しい「まいたけ天そば」を提供するお店、新橋「おくとね」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

啜るか啜らないかはあなた次第です。

高倉


おくとね
東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 B1F

(文/三拍子・高倉