他人を骨折させちゃった…20人に1人が「経験あり」

コラム

2016/06/25 05:30

moodboard/moodboard/Thinkstock
moodboard/moodboard/Thinkstock

骨折したことがある人は、決して少なくないだろう。

だが、その理由は様々。交通事故、運動時のアクシデントなどに加え、他人から危害を加えられたという場合もある。取っ組み合いの喧嘩の末に相手を骨折させたという話も、しばしば耳にする。

では、実際に「相手の骨を折った」という経験のある人はどれほどいるのだろうか。


 

■全体の5%が……

しらべぇ編集部では、「他人を骨折させたことがあるか?」という調査を実施。

sirabee160624kossetsu1

結果、全体の5%の人が「はい」と答えている。20人に1人が「他人を骨折させた経験あり」ということだ。

しかし、人間の骨というのはそう簡単に折れるのだろうか。確かに走行中の自動車にぶつかればひとたまりもないが、人間の力は自動車よりもはるかに微力。むしろ「相手を骨折させる」としたら、どのような手段が挙げられるのか。


関連記事:歩きスマホで骨折被害も!「公共マナーを守れない人たち」5選

 

■指折りが一番手っ取り早い

結論から言うと、「骨折させる」という行為は案外簡単である。もちろんこれは鈍器などの道具を使わず、素手で相手の骨を折ることを前提にしよう。

もっとも手っ取り早いのはフィンガーロックだ。すなわち指折りである。指の骨は人体の中で、一番細い部位。これを折り曲げるのは極めて容易なのだ。

このフィンガーロックの歴史は古く、古代ギリシャの格闘技であるパンクラチオンはこれがルール上許されていた。ところが結果的に指の折り合いに終止する試合が頻発し、それが原因でパンクラチオンが衰退してしまったという説もある。


■脆弱な肋骨

また、肋骨も非常に折れやすい骨として知られている。

打撃系格闘技のベテラン選手の間では、「肋骨を折る経験」が一種のステータスになっているという。それは自分の負傷と相手への受傷の両方を指す。

とあるボクシングジムの会長は、「プロを目指す者は肋骨を折られてナンボ」と言い切る。その発言から察するに、やはり肋骨骨折は打撃系格闘技の世界では珍しくないようだ。

だがそれを深読みすれば、格闘技とまったく関係のない日常においても「骨折するリスク」は充分にあるということ。また、立場が転じて「誰かを骨折させてしまう」こともないわけではないのだ。

・合わせて読みたい→歩きスマホで骨折被害も! 「公共マナーを守れない人たち」5選

(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一

qzoo調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,378名(有効回答数)


あなたにオススメ