腸が煮えくり返る!「タクシー運転手」にされた激怒事件4選

2016/06/29 10:30

ThinkstockPhotos-476084429_compressed
TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock

なにかと利用する機会の多いタクシー。快適に楽しく乗れることもあれば、逆に腸が煮えくり返るほどイヤな気持ちになることもあるだろう。

そこでしらべぇ取材班は、人々に「タクシーでのトラブル」を調査してみた。その中で、腹立つ行動をするタクシー運転手たちがいることが明らかに。



 

①わざと遠回りして、逆ギレする

「私はかなり運転もするし道も詳しいんですが、タクシー運転手は『こいつは道をわからなそう』と思ったんでしょうね。


目的地を伝えたら『近道してあげるね!』なんて言ったのに、全然関係ない道をグルグル回るなど20分たらずで着くところを1間以上かけられて。


道の間違いをやんわりと指摘したら、暗い夜道のなか人通りのない場所に停められ『文句があるならここで降りて』と言われました」(女性・22歳)


関連記事:道を知らない、わざと遠回り…タクシーに遠回りされた時に料金の減額は可能?

 

②道路のどまんなかで降ろされる

 「金曜夜にタクシーに乗ったんですが、目的地が15分たらずで着くわりと近めの場所だったんです。目的地を告げた瞬間にタクシー運転手が声を荒げ…


『そんな近いところ金にならない! 金曜夜は稼ぎどきなのにふざけんな! 降りろ!』と。車が猛スピードで行きかう道路のどまんなかで降ろされました」(女性・26歳)


③優しさにつけこむ

「行き先をきちんと伝えたのに、全然知らない場所に連れていかれました。そこで怒らずに『気にしないでください』とやり過ごしたから、なめられたんでしょうか…。


実際の目的地に着いたらメーター通りに料金を請求され、普通は2,000円足らずで行ける場所なのに、8,000円も取られました」(男性・26歳)


④タクシー運転手が怪しい

「真夜中にひとりで乗ったのですが、タクシー運転手がバックミラーでチラチラ様子を見てくるなど、不穏な感じで。


さらに『タクシーの中で寝てもいいよ。安心してね』と言ってきたり、あきらかに1度開封してあるペットボトルのお茶を『喉乾いているでしょ。飲んで』と渡してきたり。


怖かったので、友達にLINEをして電話をかけてもらい、緊急の用事があるふりをしてタクシーから降りました」(女性・24歳)


密室であり、なおかつ運転の主導権を握っているタクシー運転手とトラブルになれば、なにが起こるかわからない。このような腹立つ行動をするタクシー運転手には出会わないことを願おう。

・合わせて読みたい→48グループから誕生! 美人すぎるタクシー運転手に注目【奈津子亜希子コラム】

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

トラブルタクシータクシー運転手取材
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング