豚の名産地・鹿児島で食べられるマニアックな「豚節」ラーメン

グルメ

2016/07/05 18:30

sirabee160705ramenn00

こんにちは。かつお節生産量日本一の鹿児島県枕崎市でかつお節屋を営んでおります、「出汁男」こと中原晋司です。

鹿児島は、かつおだけでなく、牛・豚・鶏など畜産物の生産も全国トップクラス。豚骨・鶏ガラなどの出汁素材も新鮮で豊富に存在しており、鹿児島ラーメンは「豚骨+鶏ガラ」をベースにしたお店が多いです。

今回は、その中でも「豚節」をベースにしたラーメンを食べることのできる、珍しいラーメン屋さんをレポートします。

画像をもっと見る

 

関連記事:東京最強の優しい家系ラーメン『五十三家』が最強たる理由5選

 

■「豚節」の不思議な味に舌鼓

sirabee160705ramenn01

鹿児島市南部、JR指宿枕崎線谷山駅から徒歩7分位、静かな住宅地の中に『夢一屋』というラーメン屋さんがあります。中に入ると、席はカウンターと座敷がいくつかある、こじんまりとした構え。

sirabee160705ramenn02
色々メニューがある中で、店の看板メニューのひとつ「黒ぶしラーメン」を注文。

sirabee160705ramenn03
このラーメンの最大の特徴は、前述のとおり「豚節」を使用したラーメン。「豚節」とは、豚の肉をかつお節のように燻したもので、その「豚節」を原料にして、スープをとっているのです。

ちなみに、この店で使用されている豚は、「黒毛奄美島豚(通称:島豚)」という、鹿児島黒豚の源流といわれる、奄美大島で生育されている豚。小柄でありながらも育成期間が長い分、肉質がきめ細かく独特のコクと旨味が楽しめるのが特徴です。

さて、どんな味がするのかというと……意外にもあっさり!! 今までの豚出汁のイメージが覆る程のウマさ。あっさりして、それでいて旨味が深い。ピリ辛な調味料と合わさって食欲をそそり、最後はごはんにかけて食べたい位です。

また、トッピングのチャーシューがこれまた絶品。肉質が本当にきめ細かく、臭みのない旨味が醸し出される。地元鹿児島人もびっくりの、島豚の質の高さです。


■豚骨が苦手な人にもオススメ

ラーメンに使用する豚の出汁といえば、「豚骨」が有名です。ファンも多いですが、その濃厚なコクと臭みの強い香りが苦手な方も少なからず存在します。

しかし、「豚節」は豚の脂が燻されていく過程で落ちていくので、これで出汁を取れば、豚肉本来のあっさりながらも奥深い旨味を楽しむことができ、香りも全然気になりません。

最近は「鶏節」や「鮭節」などもラーメンの隠し味として注目されていますが、「豚節」も有名になる日も近いかもしれません。

sirabee160705ramenn04

なお、こちらの店では豚骨ラーメンの「夢ラーメン」も食べることができます。濃厚ですが臭みがなく、鶏ガラと合わさった味は、鹿児島ラーメンの魅力が詰まった一杯と言える出来でしょう。

・合わせて読みたい→深夜だけしか食べられない『サザエさん』みたいな名の絶品ラーメン

【夢一屋(ゆめいちや)】
営業時間 11:00~18:00
定休日 水曜
住所 鹿児島県鹿児島市谷山中央2丁目702-29
電話番号 099-267-4008

(取材・文/しらべぇ編集部・中原晋司