正直すぎ!窃盗犯が職務質問に自ら犯行を口にして逮捕

社会

2016/07/09 21:00

Felipe Caparr├│s Cruz/iStock/Thinkstock
Felipe Caparr├│s Cruz/iStock/Thinkstock

滋賀県大津市で、駐車していた車からカバンを盗んだ疑いで51歳の男が逮捕された。そのありえない行動が「アホすぎる」と話題になっている。



 

■盗んだカバンを奪い返され自分のカバンを落とす

男は施錠を忘れた状態で駐車された自動車のドアを開け、車内においてあったカバンを盗み逃走。当人とすれば「いただき!」という心境だったのかもしれない。

ところが鍵をかけ忘れたことに気がついた持ち主の女性が車に戻り、犯人の男と遭遇。勇敢にも男を追跡しカバンを奪い返したという。

予想外の展開に動揺したのか男は自分のカバンを落として逃げ、行方をくらませた。


関連記事:『ハガレン』実写化に賛否 マンガ原作の映画って正直どうなの?

 

■職務質問で自ら犯行を匂わす発言

これだけでもかなり間の抜けた行動だが、この話には続きがある。警察が女性の証言をもとに捜査していたところ、犯人とみられる男を発見。

警官が職務質問すると「車のドアは開けていない。カバンは盗んでいない」と自ら語りだし、まるでドリフのコントのように逮捕された。

カバン盗もうとして逆に自分のカバン落として逃げたうえ、罪を警察に自分から告白するいい人ぶり。今回犯罪に手を染めた犯人だが、もともとは超真面目で正直な人柄だったのか?


■正直者は損をする?

正直者は一般社会で損をすることが多いといわれる。たとえばサラリーマンが休暇をもらうとき、正直に「遊びに行きます」と申告すると心象が悪くなるので、嘘でも理由を「通院」と言う人もいる。

ちなみに、しらべぇ編集部の調査によると「怒らないから正直に言ってと言われたにもかかわらず怒られたことがある」人は3割。

sirabee0708okoru低い割合にも思えるが、自分の上司が怒る人間であれば、最悪職を失う危険も。賢い人なら、リスクを避けるため適当な嘘をついてごまかすだろう。

ちなみに、犯人の男は取り調べに対し「他人からカバンを渡された」と容疑を否認しているそうで、正直者とは言いがたい部分も持っているようだ。単に間が抜けていた可能性もある。

いずれにしても犯人には罪を償ってもらい、まっとうな人生を再び歩んでもらいたい。

・合わせて読みたい→『ハガレン』実写化に賛否 マンガ原作の映画って正直どうなの?

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

qzoo

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年8月21日~2015年8月24日
対象:全国20代~60代の男女1413名(有効回答数)