北斗晶が乳がん発症から1年経過を報告 誕生日会には豪華ゲストも

(画像は北斗晶公式ブロウのスクリーンショット)
(画像は北斗晶公式ブログのスクリーンショット)

7日、元女子プロレスラーでタレントの北斗晶がブログを更新し、ちょうど1年前の昨年7月7日に乳がんが判明したことを明かした。


 

■七夕の日に発覚

昨年9月に乳がんと、それに伴う右乳房の全摘出を受けていた北斗。今年4月まで合計9度に及ぶ抗癌剤治療を行ない、その様子はニュースでも報じられていた。

さまざまな苦しみを経た北斗だが、今年の七夕は友人たちによる誕生日会だった模様。北斗の誕生日は13日なので、数日はやいお祝いだったようだ。

(画像は北斗晶公式ブロウのスクリーンショット)
(画像は北斗晶公式ブログのスクリーンショット)

会には笑福亭鶴瓶など親交の深い芸能人が訪れ、賑やかな様子が写真から伺える。


 

■小林麻央や声優・水谷優子も

乳がんと闘っている芸能人は、北斗以外にもいる。昨月、タレントで市川海老蔵の妻・小林麻央が現在闘病中であることが判明し、その病状は「ステージ4」とも噂されている。これはその分類上、もっとも進行した状態で、遠隔臓器への転移も見られる。

また、『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ)のお姉ちゃん役の声優で知られる水谷優子さんは、5月に51歳の若さでこの世を去っている。

ここ最近、耳にすることが多い話題だが、それだけ誰にとっても無縁ではないということだ。


■明るいブログに励まされる

ちなみに、しらべぇ編集部がアンケートサイト「マインドソナー」を用いて行なった調査では、約7割の人が「自分がんになったときに、正直に余命を告知してほしい」と答えている。sirabee160709gan

進行性のがんである場合、その時点で余命数ヶ月を宣告されることも少なくない。そのような辛い想いをしないためにも、日頃からの検査が大事だろう。

北斗は1日に3~4回ブログを更新しているが、苦しい病を感じさせないほど明るく、読んでいて励まされる。読者の皆さんも、ぜひ一度読んでみてほしい。

・あわせて読みたい→もし自分が「がん」になったら? 余命宣告をしてほしい人は意外にも…

(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

あなたにオススメ