元ホストに聞いた!今にも刺してきそうな異性を落ち着かせる方法

2016/07/10 06:30

deeepblue/Top Photo Group/Thinkstock
deeepblue/Top Photo Group/Thinkstock

ホストは職業柄、女性と深い関係になることが多い。自然と人間関係のトラブルも多くなり、当然ながらその深刻さも激しくなりがちだ。だがしかし、そうしたトラブルをきちんと処理しなければ職業としては成立しないはずである。

いわゆる修羅場をくぐり抜けてきたであろうホストの中には、身の危険を感じるような場面を切り抜ける術を身につけた人もいるようだ。

しらべぇ取材班は元ホストの30代男性に、興奮状態にある相手を落ち着かせるためのテクニックを聞いてみた。


 

■ホストに修羅場はつきもの

「色恋営業と呼ばれる、いわゆる客と恋愛をするやり方をしてました。ただホストの場合、ネット掲示板に色恋をした話をお客さんが書いちゃうことがあります。自然と何股しているのかみたいなことも、ひと目でわかります。


ホストはそういう商売だと割りきってくれるお客さんならいいんですが、そんな都合のいい人たちばかりではありません。最初はそうやって泥沼化していくこともあります。


実際に包丁を持ちだされたことだって一度や二度じゃありません。当然、そういう場面になるとテンパります。普段から命のやり取りをしているわけではありませんので。


でも相手も本気でこちらを殺しに来ているわけじゃないんです。情愛の暴走といいますか、昂ぶってしまった結果の行動なんです。自分のことを恨んで恨んで殺したくてしかたないという相手ではない」


関連記事:元ホストに聞いた!意外と「超ブラック」な労働事情

 

■演技力が命を助ける

「包丁を突き付けられたときは、切りかかられたときに大袈裟に痛がる演技をすることが大事です。指先をちょっと傷つけて血が出ている状態になっているとよりよいでしょう。


決して、腹や動脈の多い部分、あるいは腱を傷つけられないようにしましょう。それらは大怪我につながります。


あくまでも、実際に大事故を起こさないために、もしかしたらそうなってしまったのかもと相手に感じさせることが大事です。そうすることで相手はどんどん冷静になっていきます。


取り返しの付かないことになってしまった事態を想像させれば、もう包丁で刺してくることはありません。このように興奮している相手に正気を取り戻させたいならば、罪悪感を煽るのが効果的です。心を萎えさせることを目指しましょう」


■怒りに昂ぶる相手を落ち着かせるためのコツ

「感情で動いている相手に論理的に正しいことで説得しようとするのは逆効果。絶対にしてはいけません。まずは相手の気持ちを出し切らせることが大事です。


クレーム客には何も反論せず、じっと黙って話だけを聞き続け落ち着くまで待つという接客テクニックがあります。これを応用しましょう。話し合いをするためには冷静さが不可欠です」


ホストは人間の感情や相手との関係性を商品とするビジネスだ。それゆえに、そのトラブルの回避術は、実生活での対人コミュニケーションに応用できる物も多いのかもしれない。

もっとも、一般人に何股もするような人間はそうそういないし、いざ刃物を向けられて指先をちょっとだけ傷つける、なんて高度すぎるワザだろうが。

・あわせて読みたい→元ホストに聞いた! 意外とシビア過ぎる恋愛事情

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

男女喧嘩取材ホスト
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング