何から何まで「ウニ」づくし!旬のウニ料理専門店が激ウマ

グルメ

2016/07/14 08:30

sirabee20160713uni1

手ごろな価格で思い切りウニを食べたい、ウニにまみれたい…そんなことを思ったことはないだろうか。それを可能にしてくれるお店が、東京・下北沢にある。しらべぇ編集部は早速「海栗屋」に訪れてみた。


画像をもっと見る

 

■「ウニ好きにはたまらない ウニ専門店」!

sirabee20160713uni2

「海栗屋」はその名の通り、ウニ専門店。 生ウニだけでなく、いろいろな種類のメニューがそろっている。

予約をすると、名前を入れたおすすめメニューを用意しておいてくれるのもうれしい。

sirabee20160713uni5


鯛と炙り雲丹のカルパッチョ。軽く炙られたウニが大量に乗っており、香りがたまらない。鯛も分厚く、見た目以上にボリュームがある。

sirabee20160713uni7


こちらは雲丹コロッケ。中のクリームが濃く、ウニそのものを食べているよう。

sirabee20160713uni8


そして、名物の雲丹しゃぶだ。スープがきれいなオレンジ色で、どれだけの量のウニを使っているのか…と気になってしまう。今回は「雲丹大好きセット」を注文しており、スープ・ネギ・水菜・鮮魚・雑炊・ウニがセット。

sirabee20160713uni6

このスープに、さらにウニと野菜を入れて…

sirabee20160713uni10

鮮魚をしゃぶしゃぶしていただくのだ。

sirabee20160713uni11

お店の人いわく、「海鮮・野菜・汁を合わせて食べるのがオススメ」とのこと。実際に試してみると口の中に磯の香りが広がり、 シャキシャキとした食感と鮮魚のぷりぷりさが合わさって…こんなにおいしい食べ物があるのかと驚くレベル。

ミックスきのこや万願寺唐辛子、季節の白身魚など、中の具材は追加で注文可能だ。せっかくなので、雲丹しゃぶを心行くまで堪能したい。


そして、〆は雑炊に。野菜や魚の旨みが染み込んだスープがご飯と合わさり、たまらない味になっている。お店の方が調理し、希望の量に取り分けて持ってきてくれるので「スープが足りない」「焦げてしまう」などが起こらないのもうれしい。

sirabee20160713uni12


ウニ=生のものをお寿司で、のイメージが覆されるメニューだらけのこのお店。好きな人はぜひ足を延ばしてみてほしい。

・合わせて読みたい→LINEスタンプで大人気! うさまるカフェがかわいすぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ