好きなものを最初に食べる人 その裏に隠された不穏な秘密

amanaimagesRF/Thinkstock
amanaimagesRF/Thinkstock

あなたは「好きなものを最初に食べる」人だろうか、それとも「最後に食べる」人だろうか。しらべぇ編集部で調査したところ、好物から食べる人は全体の約4割、最後の人は約6割となった。

さらに好物から食べる人と最後の人の特性を比較したところ、男女の恋愛・結婚後の生活の上で一読しておくべき、重要な結果が出てきたのだ。

 

■自分に自信あり

好物から食べる人の回答結果で、最後の人より回答率が高かったものを整理すると次のようになった。

・モテる、容姿に自信、コミュニケーション力が高い、出世している、人といるのが好き、センスがいいと言われる、自分好き、美人/イケメンと言われる、流行に敏感、友だちが多い、服は派手系(全般)

・学歴に自信あり(20~30代男女)、アウトドア派(40~50代男女)

好きなものから食べる人は「自分に自信あり」なのだ。お金が心配で「予算内で好きなものから先に食べる」では、決してない。

また計算高さや現金な面、自信があるだけに好みの明確さもうかがえる。

・クーポンやポイントを使ってデート代を割安に済ませたことがある(20代男性)

・肌年齢を調べたことがある(女性全般)

・カロリー計算をする(40代・50代女性)

・男性からのプレゼントを売ったことがある(20代・30代女性)

・お風呂でご飯を食べたことがある(20代・30代男女)

・恋人やパートナーのニオイが嫌い(40代・50代女性)

では好物は最後の人の特性はというと、おおむねこれらとは逆になる。各回答結果を見ると、体や性格にコンプレックスがあり、大勢よりも一人を好み、地味でおとなしく恋愛は奥手な印象が浮かんでくる。

 

■浮気の可能性に注意

容姿への自信などから心配になるのは、やはり浮気。次の回答結果は、それを裏付けている。

sirabee20160712like2

20代・30代の男女ともに好物から食べる人は、元カレや元カノと連絡を取った経験者が多い

しかも、これは友だちとしての連絡とは限らないのだ。「浮気したことがある」や「一夜限りの肉体関係を持った」「離婚したことがある」への回答率が、好物は最後の人より男女ともに5~10ポイント高いのである。

同じものを40~60代で見ても同様の結果に。熟年夫婦でも注意が必要だ。

sirabee20160712like3

あなた自身やあなたの恋人・伴侶は、どちらだろうか。「好きなものを最初に食べる? それとも最後に食べる?」

・合わせて読みたい→回転寿司の注文で浮気がバレる? 「サイドメニュー」が鍵か

(取材・文/しらべぇ編集部・谷葦夫

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoqzooo
調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~60代の男女1371名 

あなたにオススメ