もうすぐ決定!東京五輪追加競技の中で最も興味があるのは?

スポーツ

2016/07/18 09:30

五輪エンブレム
画像は東京五輪組織委員会公式サイトのスクリーンショット

いよいよ、国際オリンピック委員会(IOC)の総会で東京五輪の追加種目が採決される。

東京オリンピック大会の組織委員会は、「野球・ソフトボール」「空手」「スケートボード」「スポーツクライミング」「サーフィン」の5競技を追加提案中である。


画像をもっと見る

 

■追加される種目の中で一番関心があるのは?

しらべぇ編集部は全国の20~60代男女1,358人を対象に、追加種目についてアンケートを実施。

最も興味・関心のある競技を聞いたところ、1位は野球・ソフトボール。半数以上が回答した。過去の実施競技であり、メダルの可能性も高く、人気を集めた。

sirabee20160716tokyoolympic2

2位はサーフィン。有名人の競技者も多く、一番興味があると答えた人は15%強だった。

3位はスポーツクライミング。日本スポーツクライミングカウンシルのサイトによると、1989年に初の世界大会が開かれ、歴史は浅い。

それでも、日本の選手が海外のトップで活躍しているなど、注目を集めており、約11%の人から支持を得た。僅差で4位は空手、5位はスケートボードが続く。


関連記事:東京五輪に備えて英語の勉強や留学を希望する人が増加?

 

■中高年には野球支持が目立つ

男性年代別で見ると、50代以上で野球・ソフトボールの人気が6割以上と高いものの、20代では5割を下回った。また、60代では、スケートボード・サーフィンの割合が低い。

sirabee20160716tokyoolympic3

女性では、20代。30代で野球・ソフトボールの人気が40%程度と、全体よりかなり低い。男性と合わせて、若者の野球離れが浮かび出る結果となった分、20代はサーフィン、30代はスケートボードに興味が集まっている。

sirabee20160716tokyoolympic4

2020年東京オリンピックの追加種目決定は8月3日を予定。それぞれの競技関係者が待ち望んでいる。全てが追加されることを期待したい。

・合わせて読みたい→東京五輪に備えて英語の勉強や留学を希望する人が増加?

(取材・文/しらべぇ編集部・京岡栄作

qzoo
【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日

対象:全国20代~60代の男女1,358名(有効回答数)