雑草なのに激ウマ!今が旬のスベリヒユを料理してみよう

スベリヒユ6

庭や道端にいつの間にかに生い茂り、どちらかと言うと邪魔で迷惑な存在なのが、「雑草」。しかし、中には野菜や山菜のように、立派なごちそうになるものがあるのをご存知だろうか。


 

■夏に繁茂するしつこい雑草「スベリヒユ」

スベリヒユ5

全国の庭や道端、空き地などによく見られるスベリヒユ。多肉植物なので夏の日差しにも強く、油断するとあっという間に増えてしまう厄介ものだ。

しかしこれ、「雑草の王様」と呼ばれるくらい絶品のうまさだと言う。しらべぇ取材班も大繁殖しているのを見つけ、さっそく収穫してみた。


 

■熱湯で1分ゆでる

スベリヒユ4

獲ってきたスベリヒユは、いちおう雑草なので流水でよく洗い、沸騰した鍋の中へ。1分ほど茹でたらお湯からあげて粗熱をとる。

ほうれん草や小松菜のおひたしと変わらない。

スベリヒユ1

3cmほどに切ったら、さまざまな料理に使える。

スベリヒユ2


■鰹節&めんつゆで激ウマ

スベリヒユ7

茹でたスベリヒユをシンプルにめんつゆ(醤油でも可)と鰹節でおひたしにしてみると、雑草らしいクセがまったくない。

細胞内にリンゴ酸を貯える性質があるため、酸味とぬめりがあるのがアクセントだ。なお、パスタの具や野菜炒めにしても、おいしくいただける。

スベリヒユ3


■山形や沖縄では野菜として人気

おいしいのもそのはず、スベリヒユは山形県では「ひょう」と呼ばれる人気の山菜。青果店などでも売られており、辛子じょうゆで食べるのが一般的だ。

また、沖縄では南米から流入したスベリヒユ科の植物が自生していて、「ブラジルほうれん草」「アフリカほうれん草」などと呼ばれ、利用されている。

旬は夏なので、見つけたらぜひトライしてみていただきたい。

・合わせて読みたい→【昆虫グルメ】もっともおいしい虫のひとつ「セミの幼虫」を丸かじり

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

あなたにオススメ