しらべぇ

シン・ゴジラ=エヴァ?庵野監督の作る現実的な虚構がすごい

エンタメ

画像は映画『シン・ゴジラ』公式サイトのスクリーンショット

画像は映画『シン・ゴジラ』公式サイトのスクリーンショット

7月29日より公開された映画『シン・ゴジラ』が話題だ。キャッチコピーの「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」の通り、日本政府を中心にした現実にいる人々と、未知の巨大生物ゴジラの戦いを総勢328名ものキャストで描いている。

そんな『シン・ゴジラ』の監督は、庵野秀明。庵野監督の代表作といえば、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン(以下、エヴァ)』だ。

 

■『エヴァ』の制作を止めてまで『シン・ゴジラ』に

2015年4月、庵野監督が『シン・ゴジラ』の監督を務めるとなったとき、コメントを発表。その中で『エヴァ』への思い、そして『シン・ゴジラ』への思いを語った。

『エヴァ』は新劇場版4部作のうち3作品を公開、最後となる『シン・エヴァンゲリオン』がいつになるのか…と注目されている。2012年に3作目が公開されており、2015年に公開されるのでは? と噂され、コラ画像まで出回ったくらいだ。

そのため、この発表には「ゴジラを作っている暇があったらエヴァを作れ!」「もうエヴァ作る気ないんじゃないか?」と、反発の声も多かった。

もちろん庵野監督自体もそのことは理解しており、『シン・ゴジラ』の完成報告会見で自ら「最初に謝っておきたいのは、『エヴァ』の新作を長らくお待たせしてしまっていること。ファンの皆さんには深く深くお詫びします。申し訳ないです」と話すほど。

 

■シン・ゴジラ=エヴァ?

そして7月29日に公開され、興行通信社の発表した週末興行収入で1位を獲得。ネット上でも評価が高い。

このように、著名人も絶賛しているのだ。

 

そんな中、『シン・ゴジラ』が『エヴァ』に似ている…と話題になっている。

こんな意見も。

 

■エヴァを見ていないと面白くないのか?

こうした感想を見ていると、「じゃあエヴァを知らない人は面白くないのか?」と思う人もいるだろう。しかし、実際にしらべぇ編集部が観に行ったが、 全くそんなことはなかった。

「昔からのゴジラが好きな人」「エヴァが好きな人」「どちらも今まで知らない人」どんな人でも楽しめるはず。子供にとっては怖すぎたり、少し難しい部分があるので家族で見に行く時は注意が必要だ。

もちろん、エヴァ好きからすると「このシーンってあれに似てる!」「音楽が!」など、対比したくなる部分もたくさん。

ただそれ以上に、もしも今の日本にゴジラが現れたらどうなるのか…別の世界線で本当に起きた巨大生物の到来をドキュメンタリーとして見せられているような、そんな気分になる。

ちょっとでも興味がある人は、劇場の大きなスクリーンで絶対に見るべき作品だ。

・合わせて読みたい→佐村河内氏を描いた映画『FAKE』が突きつける テレビメディア3つの問題

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu