「命をかけてる」卓球・水谷が張本のガッツポーズ批判に反論

エンタメ

2016/08/17 11:00

※画像は『サンデー・モーニング』公式サイトのスクリーンショット
※画像は『サンデー・モーニング』公式サイトのスクリーンショット

リオ・オリンピック卓球男子シングルス銅メダリストで、団体でも決勝に駒を進めた水谷隼のガッツポーズを、TBS『サンデー・モーニング』内の名物コーナーで張本勲氏が批判。

それに対して水谷本人が、「命をかけているし、相手も命をかけてくる。戦場ですから」とコメントし話題になった。


 

■「あんなのはダメ」と苦言

ことの発端は張本氏が『サンデー・モーニング』の週刊御意見番コーナーで水谷の派手なガッツポーズをみるや否や「喝」と叫び、「あんなのガッツポーズはダメ、手は肩よりあげちゃダメ、礼に始まり礼に終わるですから」と発言したこと。

卓球男子シングルスで日本人として初めてメダルを獲得したとなれば、派手なポーズも自然とでてしまうのは当然にも思えるが、張本氏は「それでも我慢しろ」と主張。相手への敬意も忘れないでほしいということのよう。

しかしネットユーザーの意見は厳しく、「ガッツポーズくらいやらせてやれ」という声が大勢で、同氏への批判が殺到している。

さらに王貞治氏が巨人時代にハンク・アーロンを超える756本目のホームランを放った際、ネクストバッターズサークルで飛びあがって手をあげて喜ぶ張本氏の画像がネット上にでまわっており、「お前はどうなんだ」というツッコミも。

この画像はイチローがTシャツにプリントするほど気に入っていることでも有名だ。


 

■発言がたびたび炎上する張本氏

張本氏は昨年もサッカーJ2横浜FCに所属するカズ(三浦知良)に対し「J2は2軍だから頑張っても意味がない」、「はやく現役をおやめなさい」と発言し、大炎上に。

カズが「激励だと思っている」と大人の対応をすると、手のひらを返したように絶賛。その優柔不断ともとれる行動が物議をかもした。

さらにメジャーリーグへの蔑視発言やサッカー軽視など、たびたびその発言が炎上。コーナー終了を望む声がそのたびにあがっている。しかし、番組の注目度は高く「炎上ビジネス」のような状態に。

たしかに、今回のガッツポーズ発言については相撲や剣道でも禁止状態となっているほか、メジャーリーグでも派手なものをみせると打者の場合ぶつけられることも多く、まとはずれな意見ともいいがたい。

しかし日本の歴史上初の偉業であることや、張本氏のこれまでの奔放発言もあり、支持する人は少ないようだ。


■番組視聴者に聞いてみた

番組を長年見ているというTさんに聞いてみた。

「コーナー開始当初は歳上の大沢親分とのコンビでしたから、張本さんが変なことを言ったらそれとなく 大沢さんがフォローにまわったり、諭したりでいいバランスがとれていました。



しかし親分が亡くなったあとは張本さんに物申せる人がいなくなってしまい、現在の暴走状態。本来なら降ろすべきだけど、発言が話題になることが多いので『炎上でもいいから電波にのせて視聴率を稼げ』みたいに思っているんじゃないですか。



ガッツポーズくらいで苦言なんて人間の器が小さすぎ。大沢さんなら、『あっぱれ』だったと思います。親分が亡くなった際にコーナーも打ち切るべきでした


発言に共感する視聴者よりも、コーナーが終了したらガッツポーズする人のほうが多いのかもしれない。

・合わせて読みたい→「オリンピックを流せよ!」インドネシア人がテレビ局に激怒

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

あなたにオススメ